競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2008/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
● ドル円 ●

想定レンジ: 75円88銭 ~ 77円90銭
買いどころ: 76円30銭以下
売りどころ: 76円80銭
現在の戦術: デイトレ
今週の展望: じりじりドル安が進展しそうだが、介入が意識され下げ渋りそうで、下がったら買うスタンス。


● オージー円 ●

想定レンジ: 79円40銭 ~ 82円10銭
買いどころ: 79円48銭以下
売りどころ: 81円00銭
現在の戦術: デイトレ
今週の展望: 現状豪ドルの金利が魅力。大きな経済指標もなく、平穏に底堅そう。

● ユーロ円 ●

想定レンジ: 108円98銭 ~ 112円60銭
買いどころ: 109円10銭以下
売りどころ: 110円90銭
現在の戦術: デイトレ(売)
今週の展望: 対ドルでは横ばいかユーロ買いとなりそうだが、その他通貨に対しては依然ユーロ売りの圧力が強い。

● ポンド円 ●

想定レンジ: 124円16銭 ~ 128円36銭
買いどころ: 125円00銭以下
売りどころ: 126円18銭
現在の戦術: デイトレ
今週の展望: 124円半ば~125円後半までのレンジで推移する底堅く上値が重い展開となりそう。レンジ取引主体のデイトレードが向く

● ランド円 ●

想定レンジ: 10円34銭 ~ 10円72銭
買いどころ: 10円34銭以下
売りどころ: 10円72銭以上
現在の戦術: 中期保有
今週の展望: 世界的経済の失速で資源国である南アフリカも煽りをくって減速の兆しがある。先進国ほどではないとしても通貨にややマイナスがみられそうだ。


基本不透明感が強まっており
保有するのは危険
短期利益確定を軸に戦略を立てたい
スポンサーサイト
さて
前回の反省を生かして
今日のレンジとして数字だけ書いていくとする
週一回くらい色々書いてみたいけど
なんかいつも早朝でて終電近いお帰りなので
身体の持つ限りでということで^^


● ドル円 ●

想定レンジ: 76円20銭 ~ 79円50銭
買いどころ: 76円35銭以下
売りどころ: 77円10銭
現在の戦術: デイトレor長期トレード


● オージー円 ●

想定レンジ: 78円90銭 ~ 83円50銭
買いどころ: 79円53銭以下
売りどころ: 80円90銭
現在の戦術: デイトレ


● ユーロ円 ●

想定レンジ: 107円74銭 ~ 114円05銭
買いどころ: 108円28銭以下
売りどころ: 110円80銭
現在の戦術: スイングトレード(売)


● ポンド円 ●

想定レンジ: 124円96銭 ~ 132円41銭
買いどころ: 125円60銭以下
売りどころ: 130円04銭
現在の戦術: スイングトレード(買)


● ランド円 ●

想定レンジ: 10円40銭 ~ 11円52銭
買いどころ: 10円58銭以下
売りどころ: 11円50銭
現在の戦術: 中期保有
ついにやっちゃいます役に立たない為替情報^^
というか・・・
単に自分の考えを明確化するために書いていくために
勝手に参考にして損したとかで文句いわないように!!

なので非常に軽いノリで予想していきます♪
競馬予想よりアテになりません

● 今日の展望 ●

・ドル円(買76円50銭以下)
 どのみち今日は円安に振れそう
 基本的には77円弱で推移すると思われる
 26日のバーナンキ発言までは
 レンジは76円50銭~77円20銭くらいまでで様子見

・豪ドル円(静観)
 現状80円前後のレンジが続くと思われる
 79円割れなら買い
 成り行きをみて80円50銭までに処分する短期向け
 結局は26日のバーナンキ次第

・ユーロ円(売110円50銭以上)
 円高圧力が強い予感
 経済状況や他の相場をみる限り1ユーロ100円でもいいくらいで
 中長期的にも下落の気配


・ポンド円(買124円80銭以下)
 ポンド高がやってきそうな気配
 不思議とポンドが落ちてきたら買い拾っておけば
 今週中には3円くらい利益取れそう
 アメリカの状況如何に関わらず上昇しそうなところが良い

● 今週の展望 ●

・今週はアメリカが追加緩和に踏み切るかが見えてくるかが焦点
 踏み切った場合政府日銀の為替介入はほぼ当確
 もしアメリカが二の足踏んだ場合には
 ドル中心にやや反発するかもしれない

・日本の要因としては菅首相の退陣が明確となり
 次の首相が誰になるかが関心事
 29日に民主党代表選があるため
 その趨勢次第では円高にも円安にも振れうる
 実際の影響が出るのは9月半ばだろうが
 一瞬の影響はありそう

・政府日銀が何もしなかった場合・・・
 ドル円はじわじわと76円割れがありそう
 金曜夜に反発が予想されるため
 1週間の最安値に狙いをつけ1トレード勝負もありかもしれない

● 中長期の展望 ●

・ドル円
 強硬手段をとらなければ75円~80円の間で揺れ動くだけの数ヶ月をすごしそうだ
 90円が見えてくるのは早くとも1年はかかりそう
 狭いレンジでデイトレードを繰り返すのならやりやすさは感じる

・豪ドル円
 3ヶ月ほどでみた場合でもどっちに触れるか考えにくい
 経済だけをみれば豪ドル高へ動きそうだが
 現状高値圏ともいえる通貨だけに
 リスク回避が強まった場合60円後半から70円前半の危険はつきまとう

・ユーロ円
 長期でみた場合かなりの高確率でユーロが下落する
 財政不安のある国の多いことも重しだが
 基本的にユーロが高すぎたことも一因
 安定通貨とみなされなくなってきており
 100円割れも視野に現状はユーロ売りで取引するのがベター

・ポンド円
 119円~132円くらいの広いレンジで推移しそう
 円とポンドがドルやユーロに対して比較的安全とみなされていくこととなりそうで
 ポンド円ではお互いの事情でいったりきたりすることになる
 英国は思い切った日本と比べ経済政策の出来る国でもあるので
 130円半ばくらいまでは1年以内に上昇するかもしれない



書いてみたけど・・・
まだ慣れてないからか
明確な理由書く気がないからか
どうでもいい記事になったなあ・・・
今回はこれでUPするけど
次からは簡素化しよう
根拠書かないなら文書要らないやwww

 
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。