競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2008/031234567891011121314151617181920212223242526272829302008/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんのこっちゃ・・・
って思うけど
長らく競馬を見ていると、勝って妙に納得させられる馬が結構いる。
つまり、納得の要素の強い馬を買おう!ってのが今回の趣旨だ。

この運命を感じる馬が当てはまるレースは
G1や重要性の高いレース(TR等)
強い特徴のあるレース
または大注目の馬がデビューするレース等

ハンデ戦のGⅢとかではまったく当てはまらないように思う。

前々から感じていたこのかんがえ方だけど
先日の皐月賞で後からこいつしかいないって思えたのが、きっかけといえばきっかけ
混戦でほど、そういった要素を見つけてみると面白いかも?

要素例
・血統
・エピソード
・牧場
・馬主
・ジョッキー
・枠順
・実績
・スケール
等々

なんだ普通の予想と変わらないじゃんって思うかもしれないけど・・・
予想と違って
・調教
・近走
・馬体重
は完全無視
もちろんオッズやトラックマンの印なんかも無視無視

ぴ~んっと運命を感じる馬にどかっと単勝を買ってみるのも夢があるかもしれない?
しばらくは◎印これで打つかな(笑

注意すべきは希少性
似たような要素を多くの馬が持ってる時は、着眼点はそこじゃないってことだね
スポンサーサイト
JPNⅡ兵庫CS
数少ない園田競馬の指定交流重賞
3歳限定レースで、3歳馬にとっては3歳になってはじめてのグレードレースである。
北海道2歳優駿→全日本2歳優駿→ヒヤシンスS→兵庫CS→ユニコーンS→ジャパンダートダービー→ダービーグランプリ
これがダート馬にとってのエリート路線であり、ここは将来のダート王者を占う意味でも重要な一戦

でも、今年はちょっと主役不在かな?

一歩リードは武豊のナンヨーリバー
実績で考えると芝でのものだがウイントリガー
他はどんぐりの背比べ

印は

◎ナンヨーリバー
○マヤノベンケイ
▲パセティックシーン
△ウイントリガー
注ピエナエイム

SⅢしらさぎ賞
まだまだ続く短中距離の2強時代!
ベルモントノーヴァとパフィオペディラム
指定交流戦では足りないが地元限定なら上位!
ちょっと足元に怖い存在が湧いてきたけど
まだまだいける!

◎ベルモントノーヴァ
○パフィオペディラム
▲アストリッド
△セレブサンディ
注オルビア
JPNⅡフローラS
開幕週の芝で大外一気は辛い
規格外の末脚を繰り出す馬以外は内目の先行馬を狙う方がうまみがある
ということで、後方勢はレッドアゲートとシングライクバードに限定
前で残りそうな馬探しをしてみる
しかし・・・いないね・・・スローで流れそうだ
挙げるなら
テイクバイストーム
キュートエンブレム
カイゼリン
この辺りか?
内目から上位にとって
レッドアゲートとシングライクバードを絡め
5頭のBOXで狙ってみるとする

◎レッドアゲート
○テイクバイストーム
▲シングライクバード
△キュートエンブレム
注カイゼリン


GⅢアンタレスS

いやはやなんともすさまじいメンバーが揃った・・・
別定戦である以上斤量の重い方を狙うのがセオリーなわけだが
軽い斤量にも勢いのある馬が多い
ここは素直に近走通用していない馬や何か一頓挫あった馬をきって
セオリーどおり攻めたいところ

まず、前走オープン・GⅢで掲示板確保できてない馬はきる
前走指定交流で3着以内確保していない馬もきる
休養明けも排除
ここまでで残る馬は7頭+1(チャンストウライ前走度外視)
ここから格で軸を決めて、フォーメーションで8頭抑えるように狙いたい。

展開はスローでの上がり勝負の予感

まずはコース京都右回りダート1800だ
この8頭に絞って検討すると
右巧者といえばメイショウトウコンとサンプル少ないがフィフティワナー
左右問わずの馬はロングプライドとゲイルバニヤン
ナナヨーヒマワリも右巧者の匂いがする

次に格
圧倒的に格が高いのはフェブラリーS馬サンライズバッカスだが
川崎記念の折に一頓挫あって今回は軽視
そうなると軸選びは今年の4着馬ロングプライド
一昨年の勝ち馬フィフティワナー
重賞4勝メイショウトウコン
この辺りから選ぶことになる

斤量
フィフティワナーは2Kg減
メイショウトウコンは変わらず
ロングプライドは2走前から1Kg増

結論印

◎メイショウトウコン
○フィフティワナー
▲ロングプライド
△ゲイルバニヤン
△ナナヨーヒマワリ
△チャンストウライ
△マルブツリード
注エスケーカントリー

3連複フォーメーション
2-3,5,16-1,3,5,9,10,12,16
15点
大きく荒れる事はないと思うが、一頭紛れ込むやも?
安目でくればトリガミ
GⅢ福島牝馬S
ヴィクトリアマイルができて重要性がやや上がったこのレース
それまではただ単に一線級が登場しない牝馬限定戦のイメージが強かったが
最近はG1で掲示板に載れなかったクラスの馬の敗者復活戦というイメージがついてきた
ここを勝てばヴィクトリアマイルの出走は確実にちかくなるからである

今回は実績の上ではアルコセニョーラ、ヤマニンメルベイユ、ザレマ辺りが上位か?
しかし、アルコセニョーラは前走冬場の休養明けにもかかわらず大幅に馬体減となっていた
これは建て直しに時間がかかると見てここは外し
以下の印で狙ってみたい

◎ヤマニンメルベイユ
○ハロースピード
▲ザレマ
△ダンスオールナイト
注トウカイオスカー

最近・・・▲と注に挙げた馬の好走が目立っている・・・
内心複雑だけど、BOXがいいのかも・・・
◎ディラクエ
○ディアヤマト
▲ホウザン

もはやこの3頭以外考えられない。
ディラクエは他の馬がまねできないロングスパートをする馬。
勝負どころが通常より前にあり楽に上がっていくが、
直線それで止まることはない。
近走からディアヤマト上にとったが
ホウザンも叩き一変上積みは見込める。

他で上げるなら
△コラボスフィーダ
注ニックバニヤン


そうそう、TCKで年間予想コンテストがこの羽田盃から開催
南関東から質問でご意見ご要望にこういった企画書き続けただけはあったかな?
何気に粗品送ってくる気前のいいTCK
1,2等は何気に景品がいいので参加してみてもイイカも!?

私は普通に指定席券とか狙いたいです!ハイ
↓これが詳細のURL
http://www.tokyocitykeiba.com/news/news.php?id=1245
1R 8-7-6
2R 3-6-10
3R 8-7-10
4R 7-14-1
5R 9-14-4
6R 8-9-11
7R 15-13-16
8R 6-9-8
9R 3-11-7
10R 2-15-12
11R 6-1-9
12R 4-2-7

これが今日の結果・・・
昨日のと見比べると散々wwww
一頭も絡んでないのは・・・ 皐月賞だけという皮肉さwww
G1に弱いというのは実証されますた・・・

2頭はくるけど3頭はこないってレースが半分くらい・・・
人多すぎて馬に近づけずろくに写真も取れなかったし・・・
もう散々・・・

次の実地はNHKマイルにいきます!
今までいったことのある競馬場
・東京
・小倉
・大井
・川崎
こんだけwww
さあ・・・中山で写真とってこよっと
一日予想の報告と共に載せるね♪
皐月賞
なんか盛り上がらないwww
盛り上がるところはきっと配当だけなんじゃないか?
ここ10年で見てもおそらく一番の混戦
どーしたもんかな・・・

今回は・・・チャールズもブラックもショウナンもトゥーレもジャックもいらない気がしてるという
なんとも荒れる予感がビンビンするんだが・・・
こいつらの中でまだきそうなのはチャールズなんだが・・・

一頭ずつ欠点挙げてったらきりがないので
さっさと印に・・・

◎レインボーペガサス
○ダンツウィニング
▲ノットアローン
△フローテーション
注スマートファルコン

~中山1日予想~
1~3着をズバリそのまま予想します。

1R 1-2-7
2R 1-3-6
3R 8-10-9
4R 7-1-8
5R 5-9-10
6R 4-6-11
7R 13-12-15
8R 5-8-6
9R 11-7-13
10R 15-8-14
11R 5-8-14
12R 11-2-3

いくつあたるかな~wwww
明日の夜に報告しますw
マイラーズC
結構私の好きなレース。
なんていうかG1で勝ちきれない馬達が集う(笑
このレースは前残りに注意ってレースだったんだけど
コース変わって、スローによる前残り+鬼の上がり使う馬で見るのがベストかも?
そこで狙いはこうなる

◎カンパニー
○コンゴウリキシオー
▲ドリームジャーニー
△オースミグラスワン
注ナスノストローク

中山GJ

カラジが消えて面白みにかける・・・
似たような距離で連勝している外国馬も着てるが
カラジがいないので日本馬の出番ってことで
頭は日本馬にしてみたい

◎メルシーエイタイム
○マルカラスカル
▲アラームコール
△エイシンニーザン

4頭で十分!
さて・・・東京ダービーTRのクラウンC・・・
東京ダービーは南関東3冠の2冠目
羽田盃→東京ダービー→ジャパンダートダービー
と続くわけなのだが・・・

一冠目の羽田盃が来週・・・
つまり羽田盃に出れる見込みのない馬と勝つ見込みのない馬が、
このクラウンCに登録してくるという構図で
残り物というか乗り遅れた馬達というテンションの下がるメンバー構成である。
馬券的にはこれはこれで面白いが・・・

本命は非凡さを見せていながらいまいち乗り切れないこの馬から
◎ドリームスカイ
○オーラガイア
▲ビービーダークライ
△ハルノシンゲキ
注ブライトフェース

荒れておかしくないメンバー
買うならBOXで!
いよいよやってきたクラシック第一弾!
今年は混戦か?と思っていたが案外堅そう?
堅いといってもせいぜい7番人気内の決着くらいかな・・・

この時期の3歳牝馬G1だから、毎年のパターンとしてこんなチェックポイント作れる。

①負けてない馬・・・該当なし
②牡馬にしか負けてない馬・・・⑦⑨
③複勝率100%の馬・・・⑩⑬
④武豊、安藤勝、福永、四位、幸・・・②③⑤⑦⑧
⑤内枠の先行馬・・・①②③⑤
⑥できるだけ前で早い上がりの使える馬・・・⑤⑨⑩⑬
⑦前哨戦で勝ったのに人気を明らかに落としている馬・・・④⑪

ポルトフィーノは出走取消で⑦番が消える
ジョッキーに関しては騎乗を見るに松岡と武幸は含めてもよさげ。
池添は取りこぼしが多いからここは含めない。
条件⑦ではソーマジック、ブラックエンブレムは妥当な評価
マイネレーツェルはTR勝ちの割りに人気がなさすぎ
エアパスカルもトールポピー、オディール斬りをやってのけた割りに人気反映されていない。

ここまでで浮上してきた馬は
①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑬
多いね・・・これが混戦たる所以なのだが・・・

ここで2回以上あがっている馬を引っ張ると
②③⑤⑦⑨⑩⑬
これでもまだ多いか・・・
次に3つ以上
⑤オディール
一気に1頭になった・・・
しっかし・・・安藤勝の3連覇はあるのか?
妥当なところは2回以上あがっている馬の中から、紐軸と紐で決め
オディールを2着か3着と見積もるのが妥当なところか・・・
基本的に競馬に3連覇はない!
ほとんどの馬、人がこれに阻まれる。
最近では福永のフェニックスSくらいだろうか・・・
G1ではとんと聞かない
アドマイヤグルーヴも無理だったしね

ってことで印なのだが

◎リトルアマポーラ
○ソーマジック
▲トールポピー
△オディール
☆デヴェロッペ
注エアパスカル
注エイムアットビップ
注エーソングフォー

結局こんな予想かよ!!!
って思うけど致し方ない・・・

展開予想
ポルトフィーノの取消により、デヴェロッペの単騎逃げが確定。
その後ろにエイムアットビップの追走そこからある程度間隔があいて
エーソングフォー、ハートオブクィーン、ルルパンブルー、エアパスカル、ブラックエンブレム、エフティマイア、マダムルコント
中段にオディール、リトルアマポーラ、トールポピー、ソーマジック、ベストオブミー、レジネッタ
後方にマイネレーツェルとシャランジュ
布陣としてはこんなところ
ペースはおよそミドルよりややスローか
レース中盤残り5~4Fで動き出すのはエアパスカル、ブラックエンブレム
それを見て徐々に中段グループが外へと振れだす。
直線向いて粘るレジネッタを早々にエイムアットビップがかわしにかかった所で、好位勢の強襲
残り2Fすぎて半ば中段にいた馬たちの雪崩れ込み

勝負の分け目はコース取りか?
中段グループでペース的に届くのは、せいぜい内~馬場の中ほどをスムーズに抜けてきた馬
逃げ~好位勢で1,2頭残るのは明白であり、全員がいつもどおりの乗り方じゃ、上位3頭の決着はありえない。
上位3頭はいずれも好位でのレースもしており、出方が鍵となる。

おそらくオディールがある程度前へ
トールポピーは中段よりやや前の外目を
リトルアマポーラは中段の内にもぐってレースをすると思われる。
こうなった時自分のスタイルを崩した方が負け
オディールは勝ちに行って差されると思われる。
ニュージーランドトロフィー(JPNⅡ)

2歳チャンプのゴスホークケン始動!
朝日杯の時に出した1:33.5のタイムはこのNZTの勝ちタイムにしたとしても優秀。
2歳で見れば破格時計だ。
また、朝日杯の後すぐに3歳春の目標をNHKマイルとし、
これに向けて調整をしてきていることが高く評価できる。
荒削りの2歳時にこれだけのパフォーマンスを見せてくれたこの馬が、
4ヶ月でどれだけ成長したかをはかる一戦となるだろう。
成長分として+6~10キロくらいまでの馬体増なら許容範囲。
複勝圏、いや、連対圏も外さないと見て、この馬本命で行きたい。

対抗は前走、勝負どころで遅れながら2着まで伸びた
エーシンフォワード
大きく逃げて脚があがりながら逃げ残ったダンツキッスイよりはこっち

◎ゴスホークケン
○エーシンフォワード
▲サトノプログレス
△アポロフェニックス
注リーサムクラウン

買い目は堅くはおさまらないとみて
ゴスホークケンから広めに3複で流す


阪神牝馬S(JPNⅡ)

この時期に移動してきてから堅く収まっているこのレース
3着内5番人気内と初年度に人気薄が3着に飛び込んだだけだ。
当然人気サイドから狙うのがセオリーとなるが、
今年は圧倒的実績の馬が不在。
格で言えばオークス馬ローブデコルテと桜花賞馬キストゥヘブンくらいだろうか?
そんな中で面白いのは阪神1400を得意とする馬だ。
去年出走している
ブルーメンブラット
ジョリーダンス
シールビーバック
この三頭はいずれも去年5-1-4着で掲示板に載っている。
そして暮れの同条件阪神Cでは3-2-4着でやはり掲示板に載っている。
その時の勝ち馬がスズカフェニックスであるから、ここもこの3頭は狙い目ということになる。

この3頭から近走を見るに本命は
ブルーメンブラット
対抗にジョリーダンス

◎ブルーメンブラット
○ジョリーダンス
▲エイジアンウインズ
△シールビーバック
注ローブデコルテ
注キストゥヘブン

こちらは堅め決着と見て
上2頭から広く3複で流してみる
◎○の馬連は多分ないかな?
桜花賞出馬表
↑枠順

さて・・・
有力馬は割りと好枠を引いた感がある
今年は荒れると踏んでいたが、割と堅く収まる気もしてきた・・・
これで荒れるようなら今年はほんとにレベル混戦である
もしここで荒れるなら、マイル→クラシックディスタンス→中距離と変化する牝馬クラシックでは
すべて違う馬が勝つように思う・・・

今日の時点ではいい枠引いたとしか言えないが
最終的な判断は天気と相談ということになるだろう

有力馬の中で単純に脚質も含めていい枠引いたと思えるのは
③エイムアットビップ
⑤オディール
⑨リトルアマポーラ
⑩トールポピー
後は私の中では有力ではないのだが、桜の武豊⑦ポルトフィーノはいい枠ではある

この中でエイムアットビップとポルトフィーノ以外は安定したパフォーマンスを見せてくれそうである。
エイムアットビップは復調がどうかというところか・・・
ポルトフィーノはペースが緩んでも、魔の桜花賞ペースが発生しても嫌なところ
無理に抑えれば前走の二の舞がまってそうだし、一策講じる必要がありそう。
スタート次第では大逃げや最後方待機とかがありそうな怖さがある。
沈んで当たり前、来ても不思議ではない押さえ評価が妥当なところ。

結果的にどういう予想にするかは前日まではわからない・・・


まあ、バイト探し、就職先探しの検索サイトです。
ちょろっとみたのでそのまま掲載

金がなきゃ馬券もかえねえええええええ

↑は大航海時代 Onlineのワンシーン

今まで14日間の無料期間だった無料アカウントが、期間無制限になった。
さすがに・・・光栄も増え続ける無料アカウントに耐えかねたのか・・・

これで倉庫キャラも一杯作れるぜー
アイテム枠がかなり逼迫してたんだ・・・
なんでSⅠじゃないんだろー?ってくらいメンバーが揃う重賞
まあ、同じような条件でかしわ記念ていうJPNⅠがすぐあるからなんだろうけどねwww

ここでの勝ち馬は今年1年の指定交流G1で注意が必要。
去年のフジノウェーブ、一昨年のアジュディミツオーの用に近年ここを勝って、指定交流を戦う馬が多い。

また、例年雨が降ることが多い重賞でもある。
今年は晴れの予報だが、前日の雨が残っている為良馬場とはならないだろう。
よって脚抜きがよいのでスピードのある馬を狙うのがセオリーとなる。
といっても、中央ほど浅いダートではないので、単純なスピード決着にはならないが・・・

◎フジノウェーブ
○ナイキアディライト
▲デスモゾーム
△アンパサンド
△トップサバトン
注コアレスデジタル


昨日書いたとおり買っちゃったwww

大阪杯は
3複BOX

ダービー卿は
3複1頭軸4頭流しと
馬連1頭軸4頭流し

まあ多分明日は買い足せないしこれでよし
天皇賞のトライアル的位置づけだが・・・
芝2000
去年の天皇賞ではここを制したメイショウサムソンがそのまま駆け抜けたが、本来的には関連は薄い。
どちらかといえば、皐月賞やダービーといったクラシック距離で活躍した馬の復活や圧勝が目立つレース。
「復活」このキーワードにかけてみたい。

◎ヴィクトリー
○インティライミ
▲ドリームパスポート
△ダイワスカーレット
△メイショウサムソン

買い目はこれらのBOXかサンライズマックスを加える可能性もアリ
特に春のマイルG1に影響のないハンデ重賞www
マイラーズCにもいえることだが、春のG1まで遠すぎてステップとしてあまり重視できない。
唯一関連性が持てるとすればヴィクトリアマイルだが、相手関係上あんまあてにならない(勝てば別だが)。
なのでここは賞金が欲しくて勝ちに来てる馬を狙い、調整過程といった馬は軽視してかかりたいところ。
それを踏まえて印は

◎オーシャンエイプス
○キングストレイル
▲ニシノナースコール
△マルカシェンク
注サイレントプライド

あまり深入りしたくないところ。
3戦連続上がり33秒台のオーシャンエイプス一頭軸で買う可能性が濃厚。


はじめて3ヶ月、ようやく重賞に出せるようにはなって来ました(出すだけ)

ぶっちぎられるんですが・・・5秒おくれとかで・・・
リアルレコードより2秒近く早く走ってることが多々ある進みすぎた競馬世界w
オグリキャップとホーリックスが激闘を演じた2400mの日本レコードが、更新されたのはつい3年前・・・
それもたったの0.1秒
今出てるレコードなんて主要レースで使われてるコース・距離ではサラブレットとしての種の限界タイムが出ていると思うのですが・・・
軽く更新してくるゲームwwww
現実より20年くらい進んでるだけで2秒早くできるって・・・なんでしょうねえ
ベルモントSのセクレタリアトのタイムが上位陣では平均タイムのように思えます・・・

さて・・・なんか4月1日から新人さんへのずる~いサービスがされています。
序盤あんなに苦労する・・・資金・・・
5000万上乗せあーんど、アイテム課金のアイテム2000円分ほどサービスされているそうで・・・
何でうちらがはじめる時にくれなかったんだと・・・恨みます。
今から始められる方は大井サーバーのうちの馬主会においでませ~



金かけたゲームらしい・・・
日本の大艦巨砲主義じゃなかった・・・
金かけりゃいい主義が韓国へ波及www
ゲームオンかあ・・・なんかプレイしたことあったな・・・
思いだせん・・・
一応登録してのぞいてみることにする・・・

しっかし劣化FFのイメージがぬぐいきれんトップw
マリーンC
船橋の牝馬限定指定交流競争
南関東マイル前後の大将格はベルモントノーヴァとパフィオペディラム
1600mでみればベルモントノーヴァ優勢
1800mでみればパフィオペディラム優勢
今回は1600mなのでベルモントノーヴァを圏内に考える。
当然能力でいえばメイショウバトラーの断然。
対抗は前走初重賞制覇となったサヨウナラ
後は久々でいきなりダートに転向してきたショウナンタレント
TCK女王盃を勝ったラピットオレンジ、兵庫のキーポケット、笠松のグレースガールなど・・・
JRAは全頭重賞ウィナー
今回はJRA優勢と見て、印は

◎メイショウバトラー
○サヨウナラ
▲ベルモントノーヴァ
△ラピットオレンジ
注ショウナンタレント




まあ年度もかわることだし、春のクラシック前に集計
最近の成績
投 資:85,100円
回 収:88,440円
損 益:+3,340円

2008年
投 資:218,400円
回 収:185,270円
損 益:-33,130円
回収率:84.83%

集計合計 (2006年1月~)
投資:4,495,900円
回収:3,633,770円
損益:-862,130円
回収率:80.82%
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。