競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅡ中山記念
総評:中穴

◎カンパニー
 実力実績共に最高。休養明けだが、中山記念には休んでいた2007年をのぞけば毎回出走し、2,4,1着と崩れない。相手は揃ったが、この頭数ならまず連軸。

○トウショウシロッコ
 ここに来て伸びてきた一頭。スローの上がり勝負になりそうで、G1級の脚がある馬の中に入っては見劣りするかもしれないが、やや自在性のあるため自分のタイミングでスパートできるのが強み。

▲キングストレイル
 中山の鬼もここ何戦かは見る影もない。ただ、今回は楽に逃げれそうなのが吉と出そうで、ここは3着残りに注意したい。

△エアシェイディ
 この馬も中山記念で見れば常連。例年以上に順調だが、G1も含んだ連戦のために年齢的にもそろそろ疲れが見えてきてもおかしくない。

注ドリームジャーニー
 私の中ではいつまでも一発や。今回はこの馬向きの流れになりそうもないので、軽視の一手。人気かぶってくれるならそれに越したことない。

GⅢ阪急杯
総評:相手探し

◎ファリダット
 ここは仕方ないのかなという印象。勝たなきゃいけない一戦で、単勝、馬単、3連単の軸に。四位もナニが何でも勝つというレースをするはず。

○ドラゴンファング
 1400mは特殊な距離で、スプリンターよりマイラーに向くことが多い。しかし、スプリントに通じるスピードが必要なのは疑いようがなく、そこから1400を得意とするスペシャリストも当然出現する。○以下はそういった馬を中心に見てみたい。1400ばかりを連戦連対1200も1600も勝っているようにスピードスタミナ問題ない。

▲ジョリーダンス
 阪神1400は特に得意とする舞台。ただ、不安材料はジョッキーで、早い判断が出来るかが鍵を握る。どこまで待てるかではなく、どこまでギリギリの早い段階で動けるかだ。

△マイネルレーニア
 1400mは特に信頼度が高い。前はゲレイロとのハナ争いだろうが、お互いそう簡単にはとまらない。後続がファリダットを警戒する余り仕掛けが遅れるようならゲレイロとの2頭残りがある。

注ローレルゲレイロ
 能力の高さは認めるが、3歳時までの善戦マンのイメージが拭い去れない。ジョッキーも変わり、新しい面が見れるか注意したいところ。個人的には藤田のがあっていると思う。
スポンサーサイト
GⅢアーリントンC
総評:中穴

◎キングスレガリア
 前走はレース姿勢、タイム共に秀逸。キンカメの血がNHKマイルへ向けて動き出す。

○ミッキーパンプキン
 4戦してレーススタイルが見えてきた。忠実に従えばここは残る。萩Sでの実績から実力も上位だ。

▲スーニ
 雨がかえっていいか?血統的には母系は芝が濃いし、父系は芝ダート両用のヴァイスリージェントとミスプロなら芝適性もある程度あるとみていいか?

△アイアンルック
 圧巻の新馬戦もタイムは平凡。最後抑えてのものだが、追っていてもやや優秀かなって所だと思う。急に重賞の流れがどうかというところで疑問符をつける。

注ツクバホクトオー
 前走は+20キロで完全度外視。この体重が4~6キロくらい減ってくると勝ちも見えてくる。10キロ以上減ってるようなら成長分は微妙・・・
長かった・・・とにかく長かった・・・
重賞勝ってから11Lvも長かったけど、不作が続いたこの2期でOP以上を一つしか勝ててなかった琴が響いてか、さっぱり上がらなかったからね。
これで温泉Lと森林馬道Lゲットで我が厩舎の育成力は次のステップへ。

期待の白毛ちゃんユーディは昨日OP仁川Sを勝ちました。
ただ、ドバイWC行こうかと思ったら既にうちより高賞金が9頭もいたので、後2頭で除外確定か・・・と思うとわざわざ遠征するのも損な気がしてマーチSへ登録しました。
調子は上から0.5~1割落ちくらいで出せると思うので、ベストパフォーマンスから0.1秒落ちくらいかな?
レースとしてはドバイ組以外は谷間のような位置なので、少し楽させてホシイデス^^
重賞さえ勝っておけば・・・ね・・・かしわ記念から始まるG1ロードで除外の心配はなさそうだしwww
ただ斤量がちょっと心配・・・ギリギリOPな馬にアレは背負わせすぎ・・・

また、期待の3歳馬ブレイクトーンは500万条件をあえなく3着・・・
明日のフラワーCを予定してますが除外の可能性もあり、またその後予定の伏龍Sも500万では例年除外のようなきがするので、ちょっと悩んでます。

まあ、今期は調子に乗っても良さそうなので、もう1Lv上げてやりたいところです。
ちょっとサイズが大きいですが、ばらばらに載せるよりはいいかなと・・・
保存時のサイズ一定にしなかったので、不ぞろいですが・・・
30S←クリックしてくださいw

なんともいまいちな馬が揃いました・・・
OPなら・・・重賞?手薄なら・・・G1・・・ムリムリ
そんな感じでしょうか・・・

後は限界突破とアビ次第なので運を天に任せます^^
白毛馬エンプレス杯3着でした・・・
ということは・・・明日のユキチャン3着で3単を・・・

0.1秒差で約3/4馬身くらいでしたね。
単純に調子と体重と疲労に上2頭はうちより良枠だった分ですね。
次は勝てるでしょう^^
ただ除外可能性が高いので、1戦OPか条件戦で勝てそうなところ狙ってみます。
明後日は好都合なことに候補レースが6つもあったのでwww
できればOP勝ってドバイ行ってみたいですけどね・・・

後・・・どうもフリレタイムが遅いのは内部疲労みたいですねえ。
よく考えたら放牧前は3連戦+併せ一杯放牧でした。
明日はフルーツとプールによる体重調整ってとこかな・・・
JPNⅡエンプレス杯
総評:本命決着

◎ユキチャン
 過去2戦ヤマトマリオンにやぶれているが、エンプレス杯が条件の一番合うレースだろう。ここで勝てないなら今年の牝馬指定交流重賞は全て負けるかも?

○ヤマトマリオン
 もちろんこっちも距離は伸びていいタイプ。2頭のマッチレースが期待できる。

▲ニシノナースコール
 昨年暮れから中央OPクラス相手にかなりいい成績を残している。ただ相手が強すぎるので目立たないが、牝馬限定の指定交流重賞に入れば当然勝ちにいける。2頭のマッチレースに大外から迫る?

△サヨウナラ
 長期休養から一戦叩いて上昇ムード。前走よりは進展しそうで、掲示板は確保できそう。

注シスターエレキング
 はっきりいって今回の地方馬は買えない。買うとするなら当コースで実績のあるこの馬。一発の可能性は秘める。
白毛馬を明日のエンプレス杯に登録してみましたwww
明後日現実もエンプレス杯なのでリアル効果で勝っておくれ^^

予定では3月1週の1600万-3週名古屋大賞典-勝てばドバイWC、負ければマーチSかマリーンCのどっちかでした。
ということで調子は8割、疲労は微妙に残ってて、体重はマイナス・・・
こりゃむりかな~?
怖いお方も数名いることだし・・・
ようやくピークインしてくれた勢いを駆っての出走ですので一応は期待してます。
ただ、放牧から調教1週での出走なので、フリレではタイムが全然出ません。
フリレタイムって一日遅れてきますよね・・・
一応ピーク前の放牧直前では2100mベストタイムが
良   :2:07.9
やや重:2:07.3
重   :2:05.9

とナカナカのタイムを出していたので・・・って重はえええええええええ
重Cの癖に・・・
大駆けはついてませんよ^^重蹄鉄は常備ですがwww
一応タイムレンジ広かったのでこのタイムは5,6回に1回でした・・・重に関しては一回だけ、外発走から最内をつくという、なんかいかにも紛れた感じのやつw
大体2:06.5前後でした。
柳厩舎の超早熟馬育成法

競馬伝説ファンサイト掲載記念に久々に主観的攻略を書いて見ます^^
過去のこういうのはカテゴリーから「競馬伝説怪しげ研究」をクリックすればショートカットとしてまとめてあります。

●原則
・超早熟馬と早熟馬の育成法に大差はありません
・非常にゲーム内マネーがかかる上に引退早いのでコストパフォーマンスは悪いです
・どんなにお金を使いたくないといっても現相馬眼だけは絶対使いましょう

1.誕生
 ほとんどの人がやってることですが、産まれた瞬間に能力にあたりを付けましょう。3大能力(持続・SP・ST)のうちどれかの相馬を使い、現を使えばなんとなくその馬の能力全体像がみえます。赤グラフでそれを書き込んでおきましょう。

2.入厩前
 ペットは正直何でもいいのですが、この育成法ではゲートを犠牲にする部分があるのでオコジョが望ましい。また、当然コメントに注意してあたりを付けた能力の修正や右側能力の書き込みを行う。大体この辺りまでで、成長が超早熟、早熟なら成長度判断がつきます。成長度がなんであれこの辺までは一緒ですね^^

3.入厩直後
 でぶいですよね?まずこの状態で、脚をはかります。脚エサはロスが大きいので極力使わない方向が望ましい。ジョッキーが二つの脚を使い分けれる状態にしておくのがいいですね。でも、この時点では脚エサは使いません。では、初期段階はと・・・
 初日はまず、元木を付けます(ぉぃ)。減量系のエサを使います。そしてプール2回行います。そして二日目この時点でまだ14Kgくらい重いと思うので今度もプール2回と蜂蜜を使います。これで下準備完了です。スタミナは上げるのが厄介な部類なので最初にある程度引っ張ると楽になるんですよ。

4.調教本番
 ここでまず調教助手を付け替えます。元木さらば~イケメンは二日で飽きます^^。このとき付けるのは坂路・ウッドどちらか対応で、ST・瞬発力・パワーを重視した助手を付けます。持続やSPはすぐに上がるのでね。
 では、調教本番~基本は一杯調教です。でも、体重はできるだけ2回やった後に±0~+2くらいで推移するようにうまくエサを使います。また、調教1回後に蜂蜜一個分以上の疲労がある場合は体重と相談して、蜂蜜または宇宙食を使ってから2回目の調教を行います。調教は疲労が0に近いほど、体重が中央線に近いほど効果が高いので、効率的にそのように誘導します。あくまで一杯調教繰り返しながらです。さらに、能力蓋に注意します。競走馬には成長度に応じて能力の蓋が徐々に解除されていくので、無駄な調教をしないように現能力の上がりに注意しましょう。(もちろん一回ずつです)一杯やっても上がらないとかだとそれ以上やっても無駄なので作用点をずらします。(何も上がらなければゲートやるのも手です)
 そうすると・・・調教開始4~5日くらいで調子ピークになり、6日目くらいで落ち始めます。それでも調子が中央線くらいまでは一杯調教しましょう。そして中央線を下回ったらゲートに切り替えます。調子が低い時に下手に調教するとバッドアビがつきやすいためです。また脚が思惑通りでなかった場合には中央線あたりで脚変更しちゃいましょう。戻った時に大盛り飼葉が必要ですが、効率の悪い時間帯の有効利用となります。
 調子落ちしてゲート調教中は中央線落ち初日にアイスをつかって体重を少し上げます。二日目には調子はどん底近くなりますので、ゲート×2+まむしorアミノorビタミンで調子を上げる方向にもって行きます。中央線回復まで大体まむしなら3回、アミノなら2回、ビタミンでも2回(ちょっとオーバーしますが)かかります。この辺は所持カード馬の期待度で折り合いつけてください。
 これらのことを繰り返し、6月~7月末のレースデビューまでにゲート以外ほぼ完成を目指します。はやければ5月くらいでほとんどパラ埋めれる場合もあります。ただ、予定のレースが近くなったらうまく調整してください。

5.レース並行
 超早熟はピークが短い上に早ければ4月ごろにピークインしてしまい。実質稼働時間がかなり短くなります。また補正を受けれないので、成長度やや早以上が出てくる前が勝負ともいえるので、馬が完成していなくとも勝てると思えるレースなら使い早めに勝ち上がらせる必要があります。
 レース開催期間(6月下旬以降)に入ったら調整過程を能力向上過程とするようにしてください。個人的には坂路・ウッドの強め直一とゲートがお勧めです。ここまでで能力が完成してればこれで十分ですしね。強い調教ばかりで書いてますが蓋にかかった時は節約や効率の為に馬なり調教も有効ですので、その辺りは臨機応変に!!
 後はゲート調教を余りやってきていないので、ゲートだけが極端に低いかと思いますが、それはおいおい埋めていってください。低いうちはメンコを付けることで対応可能なので出遅れ回避はできます。
 あればいいな~程度なもので温泉のLをレンタルないし、建設することをお勧めします^^レース回転が速くなりますでw

6.最後に
 これらのやり方は柳厩舎の主観的な手法ですので、当然よりよい方法があると思います。ただ、主観的に基本から導き出した効率的な方法として考案して実践しているものなので、客観的に見て問題点があるところを徐々に修正してやれば完成系に近づくと思います。でも結局のところこれは基礎なのであって、馬毎に能力の伸び方や蓋の外れ方、疲労のたまり方や疲労・体重回復のペース等が違うのでケースバイケースな対応が必要です。
 不確定要素が多くて思うようにならないのも面白くなる要素なのでこれはこれで楽しんでいきましょうwww
GⅠフェブラリーS
総評:人気サイド

◎カネヒキリ
 今回はちょっと疑いたくなる要素が多いが、いっぱい勝たせてもらってるので、この馬だけは盲目的に信用。スムーズにレースできれば当然勝ち負けだ。

○カジノドライヴ
 前走相手が違いすぎるが、気性面の成長が見て取れた。JCDからの前進は当然期待できるし、同世代のサクセスブロッケンよりは間違いなく上。

▲フェラーリピサ
 1400mに比べると安定感の落ちる1600mだが、絶好枠の大外を引いて脚抜きのいいスピード馬場になりそうとあれば、この馬にとっては最高の条件。

△エスポワールシチー
 スカーレット引退で楽に行けそうな展開と、抜群の調教で上がり馬らしく勢いよくいけそう。こういうのは3着残りが怖い。

注ビクトリーテツニー
 距離にやや不安が残るものの不気味さ漂う。キレの生きるスムーズなレース運びが出来れば突っ込んでこれるかも?
 当然一発やサンライズバッカスとヴァーミリアンは押さえるが、ヴァーミリアンは今回の調整過程ではやや物足りない印象で評価を下げた。
GⅢクイーンC
総評:相手探し

◎ダノンベルベール
 このメンバーに入っては自力が違う。連軸として不動の中心。後は牝馬特有の体調変化等等をパドックや馬体重で見極めたいところ。

○ミクロコスモス
 切れ味はメンバー随一だが、現状行くか控えるかの二択しかないのも馬が未成熟なところ。今回も控えて競馬ということになるだろうが、差しきるまでいくかどうか・・・

▲ディアジーナ
 現状は血統とは裏腹にマイル以下が良さそうだ。赤松賞では出色のレースをしたダノンベルベールに大きな差をつけられていない。ここでは面白い存在だが、逆転はどうか・・・

△カツヨトワイニング
 キャリア、走ってきた相手関係を総合するとここでは入着もある。常に自分なりのレースをする馬で、相手のレベルが落ちればいつでも好走できる。

注パールシャドウ
 新馬戦は圧勝も相手が弱すぎた(負かした17頭1頭も勝ちあがってない)。しかし2戦目は相手そこそこで、前走一気の相手強化によりややちぐはぐなレースになった。今回は相手慣れもしただろうし、巻き返しがあってもいい。

GⅡ京都記念
総評:紐難解

◎サクラメガワンダー
 サムソン世代アドマイヤムーンのライバルも後一歩のレースが続いていた。傾向を見るにベストは1800mだが、2000m前後ではほぼ崩れない。G1級で掲示板クラスならここでは連軸。連勝で勢いにのりたい。

○アドマイヤオーラ
 一戦叩いて得意の京都でさあ本番。このメンバーなら自分のレースが出来るはず。

▲カワカミプリンセス
 総合的に見てこの3頭が抜けている。普段ならカワカミ敵視な私は▲までに入れないのだが、これでは仕方ない。ただ、馬券的にはすんなり収まらないと考えている。

△タスカータソルテ
 間があいたのはむしろ好条件。鉄砲駆けする馬で、はまった時の破壊力は脅威。馬場的にも明日は合っている。

注マンハッタンスカイ
 メンバー的にハイペースにはならなそう。仕掛けのタイミング次第だが、好枠を利して自分のペースに持ち込み、上がり勝負を回避することが出来れば勝ち負けはある。
 
満8Sで・・・
かかりすぎだろ!!!!?
序盤3Sくらいの非効率が完全に響いてますね・・・
でもでもでもでも、これで3桁だ
くくく・・・今Sは飛躍できそうな予感www

8S超やって、重賞も勝ってるのにいまだ11Lv・・・
これは・・・出走絞りすぎてたのが原因?
今期は前期より出走少なそうなんですが・・・
まあ、重賞勝てばあがるだろ!!?

ってことで生産の方に神降りてくださいw
いまだに1頭しか残せる馬出てないよ><
 2倍が予想通り来たということで、カード伝説ウィンターシリーズ3000円分回してみました。
当然のごとく当たりカード0枚・・・
記憶が正しければ・・・10枚セットは表アカで当たったことないデスネ・・・
5万以上使ってると思うのですが・・・
裏アカでは自然にたまったKPでサンマが当たるとか異常なことが起きたことあるけどね。
いままでに全相馬入ってるので当たったのは記念メダル(銅)だけだ。
なんて引きの弱い><

 これはまわさない方がいいというお告げのようですね。
その代わりEX種牡馬とかEX牝馬は豊富に出てる方ですが・・・ウオッカとスカーレットはやっぱり出ませんでした。
結局大当たりが当たらない体質?なようです。
必要なカードはイベントと普通に購入してたほうが良いね。
カー伝回さないようにしよう・・・と毎回思ってるのにやってしまう私であった・・・


 今期生産はかなり厳密に選別してるので、終わったころにでも1軍に残した馬の予想パラを晒しちゃいます。こそっとのぞいてみてくださいね。
当然馬名は隠しますがwwww
SⅡ金盃
総評:大混戦

◎ナイキアースワーク
 1戦叩いて今回は非常に面白い。3歳のユニコーンS以来勝ち星から遠ざかってるが、走ってきたレースと順調さを欠いた調整過程が原因。復活するなら今回しかない。

○ルースリンド
 今回のレースで一番信用の置けるのはこの馬だが、ややズブイところがあるので取りこぼしに注意。

▲マンオブパーサー
 GⅠ馬もそれ以来はつきに見放されぎみ。船橋転厩でようやく連対、建て直しがきいていればここでもひけを取らない。ましてや控える馬が多い中行けるというのはそれだけでも武器だ。

△ギャンブルオンミー
 中距離前後では崩れない堅実さがある。着を拾う可能性はかなり高い。

注バグパイプウインド
 ダントツ1番人気が予想されるが、パーフェクトな戦績ほどここでの信頼感はない。同系馬が多いことや中途半端な枠を引いたこと、これほど一線級が揃ったレースを走ったことないことなどを考え合わせると、押さえにとどめるのが賢明。

他でちょっと注意したいのはドリームスカイ。ダービー馬は金盃で活躍する。
30S 12/5 優駿 日曜 11R 3歳オープン
カムイガーネット号 3人気 1着


おめでとーwww
ってかよーやくだねー
これで馬主会リーダーの面目躍如?

結局この馬の適距離は2400だったと・・・
しっかしジリジリと確実に伸びる馬だね・・・
潜在的な持続もかなり高そうだ。

ってことで次は春先重賞からドバイでも狙っちゃいな~
多分歯が立たないけどwwww
とにかく今シーズン最後の馬主会出走馬は、馬主会リーダーの初OP勝利で幕を閉じましたとさwww
 毎期恒例カー伝商店は、今期前半とついこないだの4周年記念でやったので今期はお休みです^^
というか気力がもうない・・・
皆様は来期生産の予定はお済ですか?
私は現時点で26頭予定しています。今回は少し厳しく行くつもりですので半数も残らないかもしれませんが、勝ち星よりOP以上を勝てる馬に絞って残したいと思います。後は血統的に重要な馬くらいですかねwww
一応OPはムリと判断した馬でも能力が割と高い馬や、うちの騎手に合わない馬等は種付け料程度でセリ市に出そうかと思うのでよければ拾ってやってください。

 今期目標にしていた30勝も重賞3勝も共に未達成とあって、流石に来期はどういった目標を立てようか悩み中ですが・・・この目標をそのまま来期にあててもいいかなと思いつつアリマス。
今期よりは頭数は少ないのですが、1頭ずつの破壊力は高そうですwww
来期は一部の期待馬に集中的に労力を費やしつつ厩舎改革に終始することになりそうですね・・・
GⅢダイアモンドS
総評:案外順当

◎モンテクリスエス
 なかなかない好条件。今は充実期も2500でやや短い。最近の上がりを考えるとここはまさにベスト条件で本命視できる。

○エーシンダードマン
 こちらも超がつくステイヤー。ただ、旧式のステイヤーで決め手の差が少し苦しい・・・

▲フローテーション
 菊花賞、ステイヤーズSと長距離適正は疑いようがなくなってきた。ただ56Kgとはいえトップハンデは苦しい。◎から▲までの馬連と△までふくめた3複BOXが狙い。

△ウォーゲーム
 長距離の騎手買い。そういえばステイヤーズSも同じことを言ってエアジパングの横山本命にしたなあ・・・馬を見るならどんなレースでも出来る自在性は長距離向き。

注スノークラッシャー
 軽量で狙うならこの馬。いくらハンデ戦とはいえ近走悪い馬からは狙いにくいので、ここ6戦複勝率100%のこの馬に注意

GⅢきさらぎ賞

総評:本命決着

◎リーチザクラウン
 抑える競馬をするという調教師とレースは生き物ゲート出て見なければわからないという騎手。リクエストは聞きつつ勝ちを最優先にする競馬になりそうだ。このメンバーに入っては格が違うので、後はレース振りに期待。

○リクエストソング
 対抗Ⅰ番手はこの馬。決め手は上位クラスだが、一流馬のそれと比べると見劣るものの先行力があるので十分カバーできている。普通まわってくれば複賞圏は堅い。

▲ダノンカモン
 前走は距離短縮により案外だった。現状少し落ち着く間が欲しいので、1800~2000くらいが合ってそう。決め手はメンバー随一!!

△ベストメンバー
 リーチザクラウンが控えるのならこの馬が行きそう。枠的には逃げる位置ではないが、アルテマイスターがいこうとしなければこっちだろう。楽にいけば余裕で残る実力はある。

注ハイローラー
 京成杯はタイムこそ平凡だが、メンバーレベルは高かった。そこでの差のない競馬はここでも通用する一端をのぞかせる。
SⅢユングフラウ賞

総評:相手探し

◎モエレエターナル
 このメンバーに入っては上位確定。走ってきた路線からもトップクラスだ。馬連の軸に。

○トゥモローズライト
 ちょっと目先を変えてみたいので、前走追い込んで完勝のこの馬をはじめ、台頭してきた馬も選択肢にいれていきたい。

▲エロージュ
 東京2歳優駿牝馬上位があてにならないのはクラフィンライデンの前走からもわかるとおり。相手は広く考えたい。

△エンドスルー
 前走は相手が楽すぎた感があるが、素質は割と高い方なので勝ったことでの一変に期待。

注クラフィンライデン
 当然モエレエターナルと差のない競馬をしていた馬なので来て当然なのだが、なんか素直に狙いたくない・・・危ない人気馬のイメージが抜けない。
JPNⅢ佐賀記念
総評:JRA中心

◎スマートファルコン
 疑う余地ない大本命。ここでは格が違う。

○クリーン
 馬はやや不器用なのが気になるが、鞍上が武豊なら佐賀のようなコースで心配は要らない。

▲サカラート
 地方の馬場が合うのは周知のことだが佐賀競馬は初めて。ただ競馬場実績としては名古屋競馬に良積のある馬は信用できる。

△ロールオブザダイス
 この馬の先行力はこういう競馬場でこそ生きる?出走できたのが幸いと賞金加算を狙いたいところか?

注チャンストウライ
 昨年の佐賀記念では運に味方され勝利したが、中止馬に実力上位馬がこぞってまきこまれていなくとも掲示板くらいの力はあった。
怪我で消えたグッドアビリティが復活しました。
怪我やグッドアビ消失することがほとんどなかったので今まで起こったことなかったんですが、こういうこともあるんですね・・・
バッドアビリティが消失した場合は二度と習得しないとは聞いてましたが、グッドアビリティは復活すると・・・まあ、消えないことが一番ですけどねwww

そろそろ来期生産を考える時期ですが、レアアビ狙ってみたいのでEX中心にとか考えてます。逆にウチノ唯一の重賞勝ち牝馬オーロは今までEX中心だったので今期からユーザー試してます。第一弾は失敗でしたが、次回試してダメならまたEX中心ですね・・・
スマートストライクが欲しいwww

まあ・・・ウチノ場合は枠が激しく問題なので一気に整理しちゃおうとか考えてたりして・・・
GⅢ共同通信杯
総評:人気サイド

◎ブレイクランアウト
 東スポ杯では④コーナーで前が詰まって一旦最後方まで下げてからの差のない4着。東京コースでスムーズならものが違う。

○トーセンジョーダン
 いわゆる堅実なタイプで、王道的な戦法を取るタイプ。正攻法で3連勝ならここで大崩はありえない。

▲ダイワプリベール
 ちょっと間があいたが、無敗の②連勝で、前走はなかなかの好メンバーが揃っていた。自在性もありトリッキーなコースの方が合いそうだが、これも崩れないタイプ。

△シェーンバルト
 デイリー杯で狙って、朝日杯ではぶった切った馬。能力的には見限っているのだが、このメンバーなら・・・

注プロスアンドコンズ
 まさに賛否両論?素質は最高のものがあるが、今ここで買うのは当たり?

GⅢシルクロードS
総評:大荒れ

◎ウエスタンダンサー
 メンバー中唯一信用できそうな人気馬。ただしデータ的にはあれあれ?な感じ・・・

○コパノフウジン
 条件は整った!?軽斤量・京都・1200mとくれば激走の条件。

▲プレミアムボックス
 データからつくならこの馬。休養明けはむしろ良し。京都外回りにも実績があって、ハンデ変更後の好走馬条件にもはまっている。

△スプリングソング
 将来性で買うならこの馬。末確実で前が止まる展開なら確実に台頭。

注サープラスシンガー
 危険な人気馬の代表格かも?この枠から無理やり行くようだとペース牽引から沈む可能性大!!押さえは必要だけど軸には出来ない。
トニービンですが・・・
公式画像で気性と根性がCに見えるけど、交換してみたらでした。

丁度うちにはハイペリオン系の繁殖もいるので、売るのは地方カー伝費用回収程度にして、自家消費しますwww
限界突破と限界上昇も欲しいしね^^

123
さて・・・ついでに久々のパラ晒しww
現在、徐々に~で一番いい能力はスピードらしいです。
根性とかPWのが育っている気がするんですがwww
スピードとスタミナは限りなくSS振り切るところまで上がるのかな?
後今限界突破すれば持続ですね。ぜひとも狙ってみたいところ!!
徐々に~でOP勝てるタイムでてるので来期は楽しませてくれそうです。(といってもまだタイムレンジ広いけど)

能力値が赤表示ですが、ほぼ正しいデスヨ^^
瞬発力と根性は実はAですがwww
GⅢ小倉大賞典
総評:紐難解

小倉大賞典は過去メジロマイヤー、エイシンドーバー、メイショウカイドウで◎○▲で大勝した記憶のある一戦。ただその1回以外は惨敗なので本質的には相性が悪いのかな?

◎バトルバニヤン
 小倉は癖の強いコースで当コースを得意とする馬こそ狙い目がある。4戦3勝2着1回は申し分なし。

○ヤマニンキングリー
 勝ってもいないのに斤量が増えたのは武も懸念している通りだが、このメンバーに入ればそれもやむを得ないか?ここ数戦安定感がある上に本質的にローカルの小回りが合っている。ただ・・・スピード決着になると怖いかも・・・

▲サンライズマックス
 能力は申し分ないが、なんといっても枠が悪い。広い東京や京都ならここでも気にはならないのだが、そこは小倉不安が残る。前走は休養明け一戦目で相手が悪すぎたので度外視。

△ライブコンサート
 タイム的には不満だが、魅力的な末脚がある。3着狙いには面白い。

注フサイチアウステル
 血統的にダートを使ってみては?なんて思うのだが、使わないってことは芝適正を疑っていないのだろう。戦ってきた相手からこの馬の一発はあってもおかしくない。
ウオッカとスカーレットのレア個性がカー伝景品でありましたけど・・・
今までレア個性にお目にかかったことないんですよね・・・
そこで!!
失礼ながら大御所をはじめ、上位馬主の繁殖をひたすらチェックさせていただきましたwww

なななんと・・・
ウオッカ・スカーレットを持っている方は何人かいましたが、普通にレア個性の繁殖持っている人はいませんでした。

なかなかでないからレア個性なんですが・・・それをカー伝で出した爺はやはり浅はかだったのではと思っちゃいますね・・・

おそらくは生まれつき遺伝でレア個性を持つのは両親いずれかがレア個性だった場合、かつ繁殖の重賞実績がある場合かな?
通常レア個性を狙うなら個性変更しかなさそうですね^^
EX種牡馬にレア個性つけてやる方がいいと思える昨今です・・・
増殖しそうだけど・・・

個性&アビリティ一覧表


あぁ、そうそう・・・
大井サーバーでは4周年記念カード8億で落ち着いたみたいですね。
ちょっと割安感あるなあ・・・
売るか使うか悩む・・・
SⅢ報知グランプリカップ
総評:堅軸

◎トップサバトン
 このメンバーなら能力は一枚上。悪くとも連対ははずさなそうだが、終いが甘くなってきているので2着付けでも面白いかも?

○ギャンブルオンミー
 3歳時は重賞こそとったもののいわゆる脇役のイメージが強かった。3歳暮れからの安定したレース振りは本格化をうかがわせる。

▲モエレラッキー
 こちらも重賞を制し、東京ダービーで2着したが、その安定感のなさから一発やのイメージが強い。ただここ数戦は安定しており、狙い目はかなりある。

△サウンドサンデー
 重賞での一発警戒はこの馬をおいていない。はまれば来るの典型で、常に注意を要する。

注カネゼンクラウス
 前走は好位からの圧巻のレースで、アレが実力ならここでも勝ち負け。ただ・・・ムラがあるのと1800m以上未経験というのが不安の種。
がんばった!!
俺がんばった!!?

もう限界ですwwwwwwww

金22、銀50にてギブアップ・・・

というか・・・時間ないのに集めると・・・
人多い時間じゃ集まりませんねえ・・・
かといって最近は23時~24時には寝付いてますし・・・
早朝5時から家出るまでの1時間弱登録して、昼の空いた時間にちょろっとでがんばった^^

土日は一日中やってもダメだったし、もう燃え尽きましたよwww
1枚10億くらいだと思うけど・・・
EX種牡馬付きだから価値算定が難しいデスネ
15億~20億くらいなら現実味あるのかなあ?
でも連続イベントでマネーサプライに不安が・・・
地方カー伝でかなり回収されてるだろうし・・・
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。