競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2012/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう暮れか・・・
なんかまた広告が出て
一か月更新してないことを思い知らされ
ああ・・・有馬か・・・
なんて思って思いにふけっているところだが
今年の年末年始は比較的休めるなあ・・・
なんて考えて仕事している今日この頃だ

さて・・・
有馬記念だが
有馬は有馬らしい馬券でいってみたいと考えている
日銀が金融緩和を軒並み倍増させ

金!カネ!かねっ!

2012年今年の漢字も「金」が選ばれるという世情である

もちろん金融緩和とは
景気を良くするために行っているものであるが
正直カネ余りの現在金融緩和の効果そのものは疑わしいものがある
各国が緩和するのに日本がしなければ他国通貨が減価するのに円は減価しない
すなわちドンドン高くなり円高になってしまう
このことを避けるという局面のほうが強いように思う
ひいては貿易に活路をといったところか

さて
脱線しすぎなのだが
買おうと思っている馬券にも直結するのでこのまま続けて
この金融政策の先には未来の経済を強くし
日本の栄光を取り戻すことを目標としなければならない
つまり
未来から現在を見れば栄光への軌跡である必要がある

この辺で察しの良い方は3頭お気づきかと思うが・・・

今回の有馬記念ではこんな名前の馬がいる

黄金の船
栄光へ向かって
先駆者 

いうまでもなく上から
ゴールドシップ
トゥザグローリー
トレイルブレイザー

であるが
ちょっと意訳してやると
トレイルブレイザーの
トレイルとは【跡】を意味する語であり
先導したものの跡・・・
つまり【轍】や【目印】と同義であるといえる

であるならば並べてやろうじゃないかと
都合よく並べてみたところ

「栄光へ向かう黄金の航(光)跡」

となる

文章の順では
トゥザグローリー ⇒ ゴールドシップ ⇒ トレイルブレイザー
となるが

意味を深くくみ取るなら
先導者であるトレイルブレイザーがそのまま先に行ってしまうか
黄金の船のための道標となるか
この2頭の1,2着となる

ということで
この3頭の3連単を買ってみたいと思う

そんなこと言ってこの3頭の出走馬が「黄金」の枠である5枠を指しているだけだった
なんて結果もあるかもしれない・・・

なにはともあれ
言葉のとおりトレイルブレイザーには先行してもらい
ゴールドシップとトゥザグローリーを連れてきてもらいたいものだ・・・





ところで番外編^^

種銭稼ぎにラジオNIKKEI杯だが
なんと7頭しか出ていない・・・

ちょっと悲しいTT
能力的には7.6.1と抜けていて
展開次第では4が食い込むかどうかといったところ
7.6.1の3連複に大きくかけてみて
4は薄く押さえておく形で
資金を倍にしてみたい^^
スポンサーサイト
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。