競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ NHKマイルC
総評:波乱含み

◎リアルインパクト
○グランプリボス
▲フォーエバーマーク
△ダンスファンタジア
注オメガブレイン

3連複フォーメーション:1-13.17-3.4.6.7.9.10.14.15.18 各200円 (19点)
ワイド1-13:1200円

計5000円

↓↓ 2011年回収率 ↓↓

投 資:263700円
回 収:267370円
回収率:101.39%



NHKマイルは基本的に内枠有利
昨日と打って変わって本日は晴天
パンパンの良馬場での開催は必至
例年と違うのは中山代替開催があったために
やや馬場状態が後半仕様になっていること

ねらい目は人気どころだが
リアルインパクトとグランプリボス
共に東京が特にあっている感が強く
NZTの結果は度外視
なによりNZTの連対馬が当レースで結果が出にくいというデータもあり
今年の阪神開催だったNZTとの連動性は読みづらいところがある
ただ
同じ右回りの急坂コースと考えれば
中山のトリッキーさはないもののある程度は反映されるのかなとも思う

さて
今回は3頭きっちり人気どころだけでおさまるというのは難しい
ある程度条件をつけた上で
一通り押さえてみることとした

①無敗馬
②重賞勝ち馬
③3勝馬
④牝馬

無敗馬や重賞勝ち馬はいいとして
何故3勝馬かというと
この時期3勝するにはかならずOPを勝っている必要がある
古馬のOPと違って3歳のOPというのは準重賞のようなメンバーになることが多く
そこを勝つというのは同世代の中では上位クラスを意味するためである
ただ
ロビンフットのように2歳で3勝して3歳では勝てないという馬はちょっと考え物かもしれない
近走はいいが・・・

さて
最後の牝馬だが
こちらは完全なデータ仕様
今回はちょっとつまづいた馬ばかり揃っているために
小粒な印象がぬぐえないメンバー構成
過去10年をみてみても
確固たる本命が不在の時には
必ず牝馬が絡むレースという傾向がある
09年グランプリエンゼル
07年ピンクカメオ
05年ラインクラフトとデアリングハート
といった具合に隔年というのも面白いところ
03年も本命不在といった感じだったが
牝馬の出走そのものがなかった
今年の1番人気はグランプリボス
本命としてはいろいろ不安要素が強い
勝つ条件としては兼ね備えているのだが・・・

調教などからリアルインパクトの上位入線は堅いと見て
東京にきても末確かとおもわれるグランプリボスとコティリオンを二股に
フォーメーションで広く流すスタンスで勝負したいとおもう
個人的にはワイドでどっかり突っ込む方が旨みありそうに思ってますが・・・



参考になったらクリックお願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。