競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~ WIN5 ~     to include 【 宝塚記念 】


的中難易度:S 【5段階】
期待配当額:高 【5段階】
鬼門レース:函館日刊スポーツ杯・宝塚記念

推奨買い目

1R:7.16
2R:1.6
3R:1.6
4R:1
5R:3.9.14           計 24点


1レース目 中山 10R「 鹿島特別 」
 ◎ 16 コパノカチーノ
 ○  7 ケイアイマーズ
 ▲   


2レース目 阪神 10R「 尼崎S 」
 ◎ 6 トモロポケット
 ○ 1 アドマイヤテンクウ
 ▲   

3レース目 函館 11R「 函館日刊スポーツ杯 」
 ◎ 6 ティムガッド
 ○ 1 キョウエイアシュラ
 ▲   

4レース目 中山 11R「 夏至S 」
 ◎ 1 フィフスペトル
 ○  
 ▲  

5レース目 阪神 11R「 宝塚記念 」
 ◎ 3 ルーラーシップ
 ○14 トゥザグローリー
 ▲ 9 ロースキングダム

なお、ここでの予想印は1着可能性を考えた上でのもので
他の予想コンテンツの印と連動するものではありません


今回は中程度の難易度
5R中3Rは勝てる馬がほぼ見えており取捨選択の問題
残る2Rは開き直って順当にいくか穴を狙うか考えたいところ
そういった観点から考えると3R目と4R目が鬼門になる

3R目は1番人気を嫌って2,3番人気から
4R目は1番人気の一頭のみと堅めの予想となった
実際には何がきてもおかしくないので
ここは運任せの開き直りポイント

1,2Rは予想のロジックが立つ選定となった
これではずれたら仕方ないと思っておこう

鹿島Sは外枠有利の中山ダート1200mで
前々で勝負できる馬を選んだ
思いのほか行く馬がおらず
差し競馬になりにくいメンバー構成のためで
人気3頭に夢を感じなかった

尼崎Sはおそらくどっちかのレースになる
逃げ切りか追い込み
コース状況からみると差し追い込みなのだが
メンバーをみると逃げ切りの可能性もある
逃げ切り候補としてトモロポケット
差し追い込み候補として前走4コーナースムーズに行かなくても追い上げた
アドマイヤテンクウ
カワキタフウジンは3番手評価

函館日刊スポーツ杯は順調な馬がいない中でのレース
ティムガッドの一頭軸で開き直ろうかとおも思ったが
メンバー構成から復活するならここと
キョウエイアシュラまで触手を伸ばす

夏至Sは負けてはいけない馬としてフィフスペトル
メンバーからイコピコなども見えるが
現在の状態からフィフスペトルが断然
ホワイトピルグリムには少し短いレースになりそうで
この高齢馬メンバーの中では勝たなければならない

宝塚記念は
勝てる馬が5頭に絞られている
先日の予想印をつけた5頭だ
なかでも面白いのは
折り合いに問題があり
距離が最大のネックとなったトゥザグローリー
そして本質は中距離が一番良さそうなローズキングダム
人気を落としていることもあって
前目でレースを出来るこの2頭は面白い
そして前走圧巻のルーラーシップの3頭で勝負

ただ
ブエナビスタが3着に入らないことを考える方が難しく
1着になってしまったらあきらめるしかない
また
エイシンフラッシュは阪神内回りだとやや決め手にかけるかもしれない

なんとか1時間前に間に合った(笑)

参考になったらクリックお願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。