競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4gamerでなんか連載が始まった全5回の特集記事
公式にもリンクがあり間接的な情報リークとなりそうだ。

第一回を見た感じでは何を当たり前のことを・・・と思ったんだけど
第二回は当たり前の中に新要素として見逃せない部分がいくつかあった。

私がこれはと思った部分を抜き出してみる。

 第二回は「生産」編で前半は1Sやってみれば、誰もが理解できる当たり前のことしか書かれていない。
しかし、遺伝力についてはおぼろげながらそういうものだと考えていたが、はっきりとしたソースがなかったので確信できるものとしてありがたかった。この一文だ

「種牡馬の遺伝力が高いと,父と母それぞれの長所を受け継ぐ可能性が高くなる傾向がある。」

父のみならず母の能力も受け継ぐ可能性が高くなるという記述は注意するに値する。
上位馬主ともなればみんな知ってたことだろうが・・・

後半で注意するべきところは個性で変化した生産システムに言及しているところだ。
公式の説明ではお茶を濁していた部分が少し明るみに出ている。
「ニックスは個性の影響を受けにくい」これは公式にも書いてあり特筆すべき点ではないのだが
「インブリードには5段階の強さがある」初耳です・・・色に違いがあるわけではなく(私は色弱なので違いがあってもわかりませんが)内部データとして5段階あるという話。ここでお勧めにあがってるインブリード因子の持ち主は以下のとおりである。
・パントレセレブル
・メジロマックイーン
・サンデーサイレンス
・セクレタリアト

最後に個性について言及。
「同系統の個性同士を配合すると関連能力が大幅に強化されるかわりに他の能力が大きく下がる」
はっきりいって現在の競馬伝説世界ではスピードがSSあったとしてもほかがBとかでは勝負にならないので、同系個性配合は正直使えないように思う。
次に見逃せないのが
「個性なしの馬を使用した繁殖は,個性による影響で全体的にパラメータが下がってしまう傾向がある」ふむ・・・今回の配合で身にしみましたとも・・・
重賞勝利レベルの繁殖集めてみたけど無個性ではいまいちな結果だった。いよいよ個性が繁殖の中心となってきたということだろうか・・・
マイナス効果を最小限に抑えつつプラス効果を生み出す。そんな配合を来期は模索してみようと思う。



↓第一回↓
http://www.4gamer.net/games/014/G001481/20080911011/

↓第二回↓
http://www.4gamer.net/games/014/G001481/20080917054/
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
先ほどはフリレでお世話になりました。競伝の記事を楽しく読ませてもらいました。また遊びに来ますね。
うちにも良かったら遊びに来てくださいませ♪
2008/09/21(日) 02:23 | URL | ぐりむ #mQop/nM.[ 編集]
コメありでーす
上位馬主さんは皆参考にさせていただいてます。
たまーにフリレやってますのでみかけたらまたよろしくです。
2008/09/21(日) 13:00 | URL | 柳恭一 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/128-d7691f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あなたが私の投資法を使ってくれて競馬で的中する喜びを味わってくれれば、それで構いません。面白いように馬券を的中させて競馬素人でも簡単にできる方法を!そのうちの3個はJRAからの帰り道で衝動買いしました。私は自分の投資法に気付いてから確実に競馬で利益をあ...
2008/09/19(金) 19:46:06 | 時給拾円未満
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。