競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅢ クイーンS
総評:上位決着

◎ ブロードストリート
○ レディアルバローザ
▲ アヴェンチュラ
△ アニメイトバイオ
注 サンテミリオン

馬連流し:6-1.4.9.12.13 各1000円

計5000円

↓↓ 2011年回収率 ↓↓

投 資:373,500円
回 収:316,340円
回収率:84.69%



やや一筋縄でいかないメンバーが揃った今年のクイーンS
14頭中12頭がG1出走馬という準一流馬の集まりとなった
これだけいてG1馬が一頭だけというのは唖然ものだが(笑)
それも同着の・・・

さて
予想に入っていきたいが
今回はやはり休養明けか近走好走組か
ここが予想の枠組みを決める大事な一線であろう

純粋な意味での休養明けとなりそうなのは
唯一のG1馬サンテミリオン
ハッキリいって休養は良いほうへ向いているのは間違いないが
昨年の秋の例もあるように鉄砲は利かないわ
走る気持ちはなくすわで今回は注意してみておく程度が無難かもしれない

そうなると一つの尺度として
牝馬の春目標レースヴィクトリアマイルの結果がある程度連動すると考えるのが自然かもしれない
ヴィクトリアマイルは9着までは接戦で10着以降は少し置かれた形となった
このラインを一つの目安としてみていくと
3着のレディアルバローザを筆頭に7着アニメイトバイオ9着ブロードストリートが挙げられる
このうち2頭は夏に入りともに重賞で馬券圏内に入っており十分狙いやすい
逆に10着以下になった馬は実戦がこのレースまでなく狙いづらいが
調教の感じからアプリコットフィズとサンテミリオンは圏内のように感じられる

結論をこのあたりから導き出すのは困難を極めるところだが
ねらい目はヴィクトリアマイル以降使っていて結果も出ている馬
そしてヴィクトリアマイルより調子が上向いている馬
このあたりが狙い目となる

この条件を満たす馬としては
強かったころに近づきつつあるブロードストリート
レッドディザイアとブエナビスタが競った秋華賞で3番手につけた馬(結果はブエナ降着で2着)
洋芝は初となるが
後一歩足りない馬だけに合っているかもしれない
その他では上昇中といった印象ではないがアニメイトバイオ
夏が良さそうなアプリコットフィズ
底が見えないアヴェンチュラ

ブロードストリートを中心にこのあたりを狙ってみたい


参考になったらクリックお願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。