競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別に天皇賞勝ったから書くわけじゃないんですよ^^
長距離路線について書きたかっただけです
目標はもちろん天皇賞(春)となりますが
秋のメルボルンカップも捨てがたいところ
この路線の中心はこの二つのレースにいかにしてつなげるかが重要です^^


では恒例のデータコーナー

1.5月1週
2.京都競馬場(右回り)
3.3歳上OP
4.芝3200m


対象ステップレース

1.3月4週 阪神大賞典
2.3月5週 日経賞

さすがはグランドスラムといったところ
ステップ足りえるレースはこの二つ^^
ただ
条件戦には対象レースが無数あり
条件戦からすんなり勝ってしまう例もまた多いレースです

たとえば
3.3月4週 準OP3000m・2400m
4.3月3週 準OP2400m

この辺は理想的^^

ただ
3000m前後しか走れない長距離馬のOP馬にとっては
阪神大賞典一托となる
ダイヤモンドSを使えない距離幅の持ち主だったりすると
ステップレースに苦しむことは確定

ということでモデルケースでっす

距離幅1300-3300〈万能型王道モデル〉
1月4週 AJCC ⇒ 3月4週 阪神大賞典 ⇒ 5月1週 天皇賞(春) ⇒ 6月4週 宝塚記念 ⇒ 8月4週 札幌記念 ⇒ 10月1週 凱旋門賞 ⇒ 12月1週 ジャパンカップ

あえてメルボルンにいく必要ないですね^^
というか前回のと一緒ですw
これがうちの天皇賞馬の距離幅www


距離幅2900-3300〈長距離専門幅小型〉
メルボルンカップ⇒ (併せ期間) ⇒ 3月4週 阪神大賞典 ⇒ 5月1週 天皇賞(春) ⇒ 7月4週 OP(60Kg超えるなら回避) ⇒ 9月4週 愛セントレジャー ⇒ 11月1週 メルボルンC

距離幅2400-3800(長距離専門幅大型)
1月1週 万葉S ⇒ 2月3週 ダイアモンドS ⇒ 3月4週 阪神大賞典 ⇒ 5月1週 天皇賞(春) ⇒6月4週 サンクルー大賞 ⇒ 8月2週 みなみ北海道S ⇒ 9月4週 愛セントレジャー ⇒ 11月1週 メルボルンC ⇒12月2週 ステイヤーズS


基本的に長距離のレースはステップに悩まされることになる
長距離専従でなくても幅広い距離幅を持つ馬が強いのもそのあたりに要因がある
臨戦過程がうまくいかないこともおおいので
「テッポウ補正」を利用することも視野に入れてローテを組むといい
実際問題半シーズンレースに出ていない馬も良く参戦してくるが
それはそれで考え抜かれている
テッポウ補正は気性が高いほど発生率が上がるので
気性SSなら一考してみてはどうでしょう?

長距離はシステムを良く理解してうまく勝ちましょう^^
うまい人ほど強いのも長距離路線
考えることを楽しんでくださいw

クリックご協力お願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬伝説Liveランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。