競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPNⅠ菊花賞
総評:大混戦

◎オウケンブルースリ
 かなりの好条件が整った。菊花賞は長距離といってもスローに流れての上がり勝負となることが多い。実際のところは我慢比べであり、折り合い勝負になる。その点、末が確実で折り合いに不安のない当馬は大本命。

○マイネルチャールズ
 菊花賞は皐月賞や弥生賞との連動性が高く、その要因は中山2000mがタフなコースであるという点に求められる。弥生賞を勝ち、皐月賞最先着のこの馬は菊花賞に一番近い馬。

▲スマートギア
 「長距離は騎手で買え」という格言があるほどにジョッキーの腕が物をいうのが3000m越えのレース。特に生え抜きの中央ジョッキーがこれに当てはまる。中段で折り合いをつけてのレースはこの馬にも向いている。

△ノットアローン
 同じく騎手買いの馬。騎手の腕で買うなら豊と典は外せない!地方出身ジョッキーは豪腕生かしての追いに長け、中央生え抜きのジョッキーは折り合いやペース判断に長ける。逃げねばれる当馬は横山ジョッキーにぴったりはまる!

注スマイルジャック
 折り合いがつくときとつかないときの差が激しいが、折り合いさえついてしまえばG1級。クラシックで3着内に入った馬はこの馬とチャールズしかいない。押さえておかなければいけない一頭。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/176-c443fb4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
菊花賞馬券投資教本 競馬の情報が記載されている新聞の馬柱を見るだけで的中馬券が浮かび上がる驚きの検証結果と実証!上の一文は、この『馬券投資教本』の冒頭の部分です。著者の秋山隆夫氏は、確率統計論からこの競馬投資法を生み出しました。数字と聞くと、少し難しめ...
2008/10/25(土) 21:04:42 | ありあんす
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。