競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ天皇賞(秋)
総評:大荒れ注意!!

◎アドマイヤフジ
 秋の天皇賞はやはり春の王道戦線を戦った馬から選択すべき。天皇賞(春)は明らかに距離が長く、宝塚記念は前残りの展開もあり勝負どころで対応しきれなかった。2000-2200くらいがベストで今回はねらい目十分。

○アサクサキングス
 春は差のない競馬を繰り返した。東京コースは実績相性も高く、天皇賞(秋)のラッキーカラー白枠(東京2000mは1番ゲートが有利)を引いたことが大きい。

▲オースミグラスワン
 春の新潟大賞典では日本最速上がりタイムをマーク!!今の東京の馬場なら一頭次元の違う脚で突き抜ける可能性も否定できない。スムーズに進められそうな枠もプラス材料。

△ウオッカ
 東京コースは抜群の相性を誇る当馬も今回はくじ引きに泣いた!最近は長く切れる脚というよりは、牝馬らしい一瞬の切れ味が武器になりつつある為、ここではやや向かないか?

注ダイワスカーレット
 春は疲れが出て休養。乗り込み十分でむしろ初戦が狙える馬であることは間違いない。いまだ連対率は100%で現役最強は間違いないが、遠征となった昨年の有馬記念でも敗れており、初コースとなる東京は一抹の不安が残る。東京ならウオッカが上と見るが、そのウオッカが足りないのならば・・・共倒れ予想も一手。

後注意しておかなければならないのはやはりディープスカイだろう。
しかし、今年の3歳はどうにも低調で、重賞での古馬との戦いでは完敗に近い成績である。その3歳のチャンピョンである当馬に近代最強といわれたウオッカ・スカーレット世代と同等のパフォーマンスを求めていいのかどうか不安が残る。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/185-b0886941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天皇賞 秋 第138回 2008GIレースで連対する『何か』を研究、解明し、それを「GIの掟」と名付け、そして、2008年春GIの時期に発表した商材が『GIの掟春』でした。まあ、ほとんど宣伝しませんでしたし、「期間限定」で1 ヶ月間しか販売しなかったので、知らない人?...
2008/11/02(日) 09:30:27 | ありあんす
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。