競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPNⅠJBCクラシック
総評:上位5頭決着

◎サクセスブロッケン
 ダートの怪物大物食いだ!この枠ならまず大崩はなさそう。園田はややカーブのきつい小回りコース。前々で内の経済コースをロスなくまわれば勝ちがみえてくる。

○ヴァーミリアン
 ドバイ帰りで結果を出した昨年と同様に今回も本命候補。しかし、去年と違ってドバイではいいところなしの大惨敗を喫し影響が懸念される。

▲フィールドルージュ
 春の優勝候補もレース中の故障に泣いた。抜群の気配だったフェブラリーSで成し遂げられなかった打倒ヴァーミリアンをここで果たす!!?

△フリオーソ
 いまや南関東ならず地方競馬のエース。地方でこそその実力は群を抜いているが、JRAの主力級とあたるとやや甘さを見せる。ヴァーミリアン・フィールドルージュに完敗しており、サクセスブロッケンが登場した今回はちょっと不安視。

注ボンネビルレコード
 今回は内田ジョッキーで参戦。JRAではいまいちなレースっぷりも南関東では途端に最強クラスになる。今回は遠征競馬となるので普段南関東で見せるパフォーマンスが今回も見せられるかが鍵。

JPNⅠJBCスプリント
総評:上位決着

◎ブルーコンコルド
 メンバーに進展が余り見られないのでここは不動の本命だろう。距離が今年は1400ということも良いし、園田の小回りも割とあってそうなイメージ。

○リミットレスビット
 1400mの鬼といってもいい。1200は忙しいながらこなすが1400は危なげない雰囲気すら漂う。同コースで行われる暮れの兵庫ゴールドトロフィーを2年連続制しており、コース適正も抜群。

▲フジノウェーブ
 今年はやや不振が続いたが、原因は去年JBCスプリントを制したことによるG1馬としての斤量増が影響している。指定交流重賞を中心に使われており、着順そのものに悲観はない。ハンデが均等となるG1の舞台ではまだまだ見限れない!!

△メイショウバトラー
 こういったコースはむしろ望むところ。大井のように最後の力勝負になりにくくこの馬の持ち味が最大限に生きる。ジョッキーが武豊ならその辺りは期待していいだろう。

注バンブーエール
 3歳時にはジャパンダートダービー、ダービーグランプリとG1で連対を果たしている素質馬だった。長期休養明けを挟んで本格化。特に前走は三浦ジョッキーの好騎乗も光ったが、あそこから差しきって楽勝はこの馬の強さの証。間違いなく注意を要する一頭。


SⅡロジータ記念

総評:波乱含み

◎ブライズメイト
 南関東3歳女王が他の馬たちと一段違った立ち位置から参戦。当然無様なレースはできない。

○マダムルコント
 復活に期待の一手。2歳女王だが、春はLvの高いところで無理しすぎた。一呼吸おいたここならまだ面白みは十分。

▲ミスガイア
 関東オークスで実績のある点が今回の距離を考えると強みになる。近走割と安定しており、好枠を引いたことから単穴評価で狙ってみたい。

△インカローズ
 今年の南関東3歳牝馬は低レベルといわれて、レース毎に勝ち馬はおろか入着馬が入れ替わるほどの混戦だったが、最後のここくらいは春の意地を見せて欲しい。

注ハタノギャラン
 春に崩れなかった実績からここは紐としての可能性を残す。上がり馬が多い中、全体として混戦模様。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/187-15dc6cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。