競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ有馬記念
総評:3着探し

◎ダイワスカーレット
 ウオッカとこの馬は正に女傑で、現日本最強馬はこのどちらかであろう。昨年距離への対応を見せて2着に粘りこんだ。しかし、昨年は有力馬が軒並み不発したイメージもありそのまま鵜呑みには出来ないのだが、天皇賞のレコード決着でハナ差2着というパフォーマンスにかける。

○マツリダゴッホ
 中山でこの馬がこけるイメージがまったくわかない。こけるなら連対率100%のスカーレットとさえ思わせてくれる中山での安定感。中山は特徴が出やすく連覇も可能なコースであり、その期待も高まる。また、ジャパンカップでの充実度から、天皇賞使ってないのもあいまって100%の力は出せそうだ。

▲フローテーション
 未知なるは三歳馬。この時期は急激に強くなる馬も多々いる。今年の3歳はサンデー直仔世代と比べてやや成長が遅いタイプが多いようで、夏や秋前半では3歳は分が悪かったのに後半ではむしろ強くなってきている。これはそういう血統に日本が変わってきた時代の転換点ということになり、配当妙味もあいまって3歳2頭は紐に入れておきたい。

△アサクサキングス
 四位に戻ったのが好材料。ここ2戦着順ほど負けていないし、前走は流れも向かなかった。エイシンデピュティの回避によってスカーレットが楽に行けるので、2,3番手の好位に取り付ければ十分3着残りはある。

注ベンチャーナイン
 脇役の印象は拭い去れないが、血統的に父は不出走だが産駒は2歳から古馬まで息の長い活躍をする馬が多い。G1では足りない感じがするが、OPや重賞ではG1馬に先着する等馬券対象としては面白みがある。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/262-19b6d50d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。