競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPNⅠ東京大賞典
表題はまあ・・・よくいうセリフです^^
有馬記念が荒れたときによく言われるもので、「ふところが寒い」⇒「まだ大賞典があるさ」
こんな感じですねwww
東京大賞典は超一流のJRA馬が出走してくると地方馬ではなかなか歯が立たないレースで、3連複で3倍をきる配当もあった。今年はカネヒキリ、ヴァーミリアンという超一流馬に加え、ダートグレード最多勝のブルーコンコルド、3歳ダートチャンピョンサクセスブロッケン、南関東では無類の強さを誇るボンネビルレコードがJRAからの出走で、対する地方勢は昨年2着のフリオーソ以外はまず目がない。
近年でJRA一流レベルの馬に喧嘩売れたのはアジュディミツオーとフリオーソのみだが、フリオーソはトップクラスが相手になるといつも置かれた2着だった。

総評:本命決着

◎カネヒキリ
 JCDはうまく立ち回った感もあるが、ダートであのレースができるのは相当馬が落ち着いている証拠。全盛期のカンペキな強さは失われているが、その分気性面の成長が大きいのでまだまだチャンピョンホースとして立てる。

○ヴァーミリアン
 4歳時はカネヒキリにまったく歯が立たなかったが、5歳の秋から本格化。単純に相手が弱くなって自分の時代が来ただけともいえなくもないが、先行して抜け出すこのタイプの馬は簡単には崩れない。ここにいる馬とはほとんど勝負番付けは済んでおり、一度も勝ててない相手はカネヒキリだけだ。

▲サクセスブロッケン
 フリオーソとこの馬がおそらく逃げるが、すぐとなりがフリオーソなのであいての出方次第では少し控えそうなきがする。逃げて味がある馬なのでレースの仕方が変わると不安も大きいが、JBCではヴァーミリアンに差がなく粘りこんでいるところから、この3頭は抜けている。

△ボンネビルレコード
 この馬不思議なことにJRAでのレースはまったく度外視でいい。南関東では異常な強さをほこり、大井2000mは特に強い。しかし、この馬が勝ったレースの相手は、フリオーソやブルーコンコルドが相手であり、依然として上位3頭とは差がありそうだ。その上上位3頭は大井2000mでいずれも圧勝歴がある。

注フリオーソ
 地元の雄で地方競馬全体の大将格。ブルーコンコルドに昨年勝っているが、ヴァーミリアンには千切られた。最近は全盛期よりやや安定感に欠く印象で馬券対象内となると苦しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/268-3c4d12d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。