競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅢフェアリーS
総評:紐荒れ
距離を1600にしこの時期に移行。元々が荒れるレースだったが、この時期にうつったことでクラシック狙いの素質馬出走が見込まれる。

前でレースする馬から相手は差し追い込み2頭で考えたいレース。
ゴール前ガラリがありそう。

◎エリザベスムーン
 いい枠を引いたし、前走はこのレースを考えると理想的なレース。末確実なこの馬から狙ってみたい。

○パールシャドウ
 牝馬はまず調子のいい馬から。無傷の連勝は勝ち癖がつくこともあるし、なによりこの馬は終いタレない。前に行く馬で買えるのはこれ。

▲グッデーコパ
 前走は競馬になっていなかった。アイアンデュークを除けばくるみ賞で上がり2位である。勝ち馬はレコード勝ちで2着アイアンデュークもその後いいレースをしている。対比的にもここは面白い。

△マイティースルー
 勝ちきるまでありそう。前走は勝ちにいく競馬で先行したが、ここは中段からチャンスを狙う競馬になりそう。一度上がり最速で駆けたこともあり切れ味勝負でも引けは取らない。

注ラブミラー
 正直異色のローテで2歳最強クラスだったリーチザクラウンとロジユニヴァースにわざわざぶつけた意図が汲みきれない上に最後は競馬をしていない。追い込んで末脚にかけた結果馬券に絡む可能性は否めない。

GⅢシンザン記念
総評:中穴積み重なって大穴
フェアリーSが1600になってこの週に移行。必然的にこちらは牡馬専用に近いレースになった。近年ではダイワスカーレットvsアドマイヤオーラ等が見れたが、ややレベルが落ち荒れるレースになるのではないかと見ている。

◎キングストリート
 行って脚を使う強い馬の典型。急にクラスが上がるが対応できるはず。

○ピースピース
 朝日杯では鋭く伸びて5着に食い込んだ。レースはそれほど早くなるとは思えないが、逃げ馬に楽なレースにならないのは確かでこういう馬が面白い。

▲キングスレガリア
 どうも中途半端なレースは向かない印象。ここは思いっきりためていってもらいたい。先行するようならミッキーパンプキンに勝てなそう。

△ミッキーパンプキン
 今回は展開が苦しい。まともにやっては勝ち負けはなさそう。狙うなら3着で。

注ダブルウェッジ
 最多の京都経験といまだに連対率100%。血統的にはマイルが限界だが、ここでならチャンスはありそう。ただ、この馬が来ても来なくても荒れる要因になりそうなきがする・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/281-03618703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。