競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPNⅡ弥生賞
総評:本命決着

◎ロジユニヴァース
 これまでのレースパフォーマンスと調教時計が破格。ここは疑いようがない1番手。

○アーリーロブスト
 中山の2000mは皐月賞好走馬は菊花賞でも好走すると言われるほどスタミナ仕様。またそれゆえか逃げ残りの多いコースでもあるので、2着狙いでいってみたい。

▲セイウンワンダー
 朝日杯見る限り鉄砲はきくタイプみたいだ。問題は距離への対応だろう。初距離でいきなり対応できるかといえば疑問符をつけたいところ。

△モエレエキスパート
 もうLvが違うと思うが、脇役が集うレースでは常に好成績といってもいい。シンザン記念をなかったことにするなら買ってもいい。

注リアライズナッシュ
 化学変化を期待するならこの馬。南半球産で斤量が軽く出れる以上に、日本には合わない欧州血統だ。スタミナを要する中山2000mだからこそ一変する可能性を秘める。馬場がまだ重いようなら一角崩しもあるかも?
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/330-6659b805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
菊花賞 についてブログの検索結果をまとめると…
2009/03/08(日) 09:18:33 | 最新キーワードチェック!
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。