競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPNⅢ さきたま杯
総評:1点勝負

◎バンブーエール
 このレースは2分化できる。バンブーエールとその他だ。その他の中にはスマートファルコン以下の馬しかいないので、スマートファルコンを下せるのはこの馬のみ。事実JBCSでは封じ込めている。

○スマートファルコン
 最近は圧巻の競馬が続いているが、ぬるま湯の中で粋がっているに過ぎないのかもしれない。ロートルと地力の劣る地方馬しか相手にしていない馬と、世界のトップホース相手に渡り合った馬、どちらを選ぶかは自明だろう。他の馬は番付けが既に済んでいるのでこの二頭で決まりだ。

▲トーセンブライト
 近走は安定していて、1400mは良い。スマートファルコンを除けばほぼ完璧に押さえ込んでいるので、結局は3着までこの一点ということになる。3連単では◎、○の裏表までみておく。

△リミットレスビット
 1400mがベストといっても正直もはや力不足。掲示板確保に動いた方が賢明だ。

注トップサバトン
 意外性を秘めるとしたらこの馬か。前々走は逃げて④コーナーでつかまり沈んだ後にタイム差なしの2着まで追い上げている。非常に自在性がある馬だ。南関東でみるなら後はクレイアートビュンだが、足りないだろう。実績からキングスゾーンまでと思うが、どれも4着まで・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keibagurui.blog103.fc2.com/tb.php/449-2aea0a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。