競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸所のブログでも非難轟々なこのアップデート
少し違った視点を提供してみようと思います^^

さて、まず最初に少し検証してみたのですが、どうも色馬具の出現率が変わっているようです。
カー伝では今まで出にくいとされていた部位が出やすくなっています。
フリレの効率ダウンにより隠れてしまったアップデートと言えそうです。

ここから今回のアップデートの目的が少し推察する事が出来ます。
端的に申しますと「マネーサプライ」の低下が狙いにあるように感じます。
各サーバー(特に古いサーバー程)でインフレが進行しているのにお気づきでしょうか?
例えば私が始めた頃(およそ1年半前)と比較すると・・・

宇宙食 1億 ⇒ 1億2000万
高麗 8000万 ⇒ 1億
まむし 8000万 ⇒ 1億
大盛り飼葉 8000万 ⇒ 1億
ビール酵母 6000万 ⇒ 8000万
色馬具 6000万 ⇒ 9000万
コイン馬 8億 ⇒ 25億

おおよそこんな感じです。
エサは20%の値上がり、色馬具は33%の値上がり、コイン馬に至っては3倍以上になりました。
ガソリンに例えれば、今120円程ですが150円くらいに上がったとでもいいましょうか?w
必需品程である色馬具の値上がり率が高くなってしまうのは、需給のバランスが崩れたためといえそうです。
今までは集めていた人が買い手に回った。
これが値上げの理由ですね^^
コイン馬の値上がり理由は、単に金あまりを極端に現しただけでしょう。

このようなインフレは、ある程度なら全体として金回りが良くなりますが、一定以上になると下位者につらい状況となっていきます。

さて、マネーサプライの低下には爺はどのような手段を持っているのでしょうか?
無料会員はいわば完全閉鎖経済の中にいる為、この通貨総量にはほぼ含まれていないでしょう。
これを前提に考えると以下のようになります。

①馬券代金
②カード伝説地方
③システム種付け料
④セレクトセール繁殖牝馬代金
⑤競走馬購入代金
⑥アイテムショップ

こんなもんですかね?
案外少ないデスネ・・・
馬券は慣れればマイナスにはなりません。
システム種牡馬に付ける人はほとんどいないでしょう。
アイテムショップで買う人もあまりいないはずです。
競走馬購入も一定量出ているかと思いますが寄与度は低いはずです。
となると、カー伝とセレクトセールくらいでしかお金を回収していない事になります。

では、逆に吐き出しているお金はというと・・・

①馬券的中金
②レース賞金
③招き猫(笑)
④資金調達カード
⑤ゲーム当初資金

こんなところでしょうか?
下3つはたいした事ないので放置でいいですが、上二つは莫大です。
簡単な式で想定してみましょうか。
毎日100人の人が2億儲かる馬券の買い方をしていたとします。
一日200億です。
1Sで10400億です。
実際は損している人を抜いてももっと多いでしょう。

そしてレース賞金ですが、実際はもうちょっと多いけどまた単純な式にします。
1R2000万(1着~5着)として9場開催あるので、2000×24×9=432000万、のお金が放出されています。
1Sで2246.4億です。
未勝利戦や新馬、500万の一般戦よりは多いですが、1000万以上のレースよりは少ない上に、重賞は金額が跳ねますから、正確にはもうちょっと放出されています。

このように大量のお金が放出されていながら、回収する手段は地方カー伝1択といった状況です。
セレクトセールは雀の涙みたいなものですし、競走馬購入はそれ以下ですwww
地方カー伝を1Sで500億とか1000億回すというプレイヤーは稀ですし、昔はよく回した私ですら1S300億~500億くらいだったと思います。
そんなプレイヤーが1サーバーに何十人もいないと思いますので、せいぜい1S50億程度が課金平均なのかなと思います。
回さない人はまったく回しませんからね・・・
おそらく通貨供給過多は間違いないでしょう。

そこで問題となってくるのが資金の還流、富の再配分なのですが、最近を見るにこれはイベントアイテムが果たしているように思えます。
しかし、それによってさらなる供給過多が発生している事も間違いないでしょう。
何故ならイベントだけでお金が手に入るからです。
つまりアイテムを供給していた人が買い手に回ってしまう状況にある。
こういう人は馬券も買わないので資金供給が少し緩みますが、地方カー伝回さなくなった分の方が大きいといえそうです。

よって、インフレを抑えるためには

①お金の回収
②アイテムカード総量の増加

この二つを同時に行う必要があり、その為の手段は

①地方カード伝説の良カード出現率増加
②カー伝人気を上げる為にタダでカードを配っているフリーレースの効率低下
③馬券的中率の低下

といった手段が必要になります。
③に関しては個性実装の際に既に行っていましたから、①と②を実行する必要がありました。
①と②はペアでこそ効果が上がるので仕方ない事なのかな?

っという風に無理やり好意的に見てみました^^
おそらく色馬具はまだ値上がりするでしょう。

ぶっちゃけ今回のはネットゲームの生理現象のようなもので、改悪とも改善とも思っていません。
マクロな視点に経てばどこかで必ずやらなければならないことですし、避ければ結局ゲーム寿命を縮めます。
今回のアップデートは結果的にトレードを成し得ない無料会員に厳しい物となりました。
一時の感情で去っていく者と、新規で始める者、どちらが多いでしょうか?
ご新規さんのためにも環境は整えておくべきでしょう^^

まあ、ご意見・ご要望メールは非難轟々メールの山なんでしょうけどwww
いっそ無料会員もアイテムトレードだけは出来るようにしては?なんて思います^^

クリックご協力お願いします^^
競馬伝説Liveランキング にほんブログ村 競馬ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。