競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JPNⅢ クラスターC

総評:二頭軸

◎バンブーエール
 復調十分でここではレベルが違う。外枠発走となったが、これだけ能力差があるとかえって不安がなくて良い。絶対的連軸だ。

○トーセンブライト
 距離的にはもう200~500m程欲しいところ。この距離ではバンブーエールが大分上だろう。しかし、他に目立った馬もおらずこの2頭で決着ないし3着以内と思われる。

▲タマモホットプレイ
 不気味な古豪が一発を秘める。ダートがダメというわけではなく、むしろ今のこの馬には合っていそうな気もする。問題は中枠で砂をかぶらずいけるかどうか。老齢の為そこまで大崩はないだろうが、芝中心だっただけに不安材料ではある。

△メイショウバトラー
 ここ2年参戦しているが、両極端なレース。昨年は不可解な負け方だった。ただ、暑くなりはじめてから秋まで調子を上げるタイプなので、無理にきるのは不可能。軸がしっかりしてるので無難に紐で。

注コパノオーシャンズ
 さて・・・地方馬にどうも触手の動く馬がおらず仕方なしに選出したのがこの馬。しかし、切れ味タイプでもあり、地方のダートは間違いなく向かないと思われる。長く良い脚が使えるが、正直ここを選んで出してきたのは疑問を覚える。地方馬ではトーホウライデンあたりがなんとか入れてもいいが、上4頭で十分というところ・・・

クリックご協力お願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。