競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ 秋華賞
総評:堅軸
展開:平均~ややスロー

◎レッドディザイア
 桜花賞で完敗もオークスでは差のない競馬をした当馬。特に強調すべきブエナビスタとの差は、その器用さにある。今回は京都2000mであり、このコースは内回り、つまり直線が短く小回りとなる。常にブエナビスタより一歩前で器用に立ち回るこの馬が1着候補筆頭だ。
(連軸)

○ブエナビスタ
 能力は間違いなくメンバー最強。しかし、常にスムーズな競馬を欠いている。最も良かったレースは阪神JFだが、それ以外はどこかぎこちなく能力だけで勝ちきったといった競馬が多かった。これは京都内回りでは致命傷となりかねない。また、札幌の敗戦を挙げる人が多いが、私はこの馬が洋芝に向いているとは思えず、あれでもがんばった方だと考えている。小回り得意なヤマニンキングリーに押し切られたが、あれはあれで合格点だ。今回はスムーズに進められない場合逆転する余裕がないという点に注目し、対抗評価。
(力は上だが・・・)

▲ジェルミナル
 2度あることは3度ある。桜花賞から牝馬3冠が同じ着順という珍事も見てみたいが、今回は上位入れ替わった3頭の決着を予想する。前走は完全にトライアルレースの乗り方。レッドディザイアとブエナビスタに対抗するため、脚を計っていた。本番では巻き返しが規定事項。
(3着本命)

△ミクロコスモス
 この馬使える脚が実に短い。外外をまわしたら届かないが、もし内内をつけるとすれば一瞬の切れ味は世代最速ともいえる。ましてや舞台は京都、鞍上に期待したくなる舞台だ。
(乗り方一つ)

注ダイアナバローズ
 昨年のプロヴィナージュと同じ香りのする一頭。ただ、本番ひそかに狙おうと思っていたら紫苑Sで炸裂してしまった。デリキットピースを軸にこの馬だったので、馬券的には大失敗。運の残量も合わせて本番ではやや足りないかなとも思うが、初志貫徹で狙ってみたい。


クリックご協力お願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。