競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ 天皇賞(秋)
総評:本命決着(紐荒れ注意)
展開:平均~やや遅め、上がり勝負

◎ウオッカ
 東京コースは鬼。性格的な問題から休養明け初戦はかかりやすく、毎日王冠でもかかり気味に逃げを打った。昨年とまったく同じ展開といっても良い。昨年と違ったのは入り1000mのタイムで、昨年は今年よりもかなり速かった。にもかかわらず上がりは同じで、負けた差も今年の方が大きい。馬場差を考えてもカンパニーは昨年並みに走って勝ちきったと見るほうが妥当で、ウオッカはやや衰えているといえる。ただ、直線にかけるカンパニー以外についていける相手がまったくいなかった前走は、もてるポテンシャルを十分に発揮していない可能性も否めない。相手関係も昨年より落ちているし、ここは連は外さない。
(連軸)

○オウケンブルースリ
 逆転の可能性が見込めそうなのはこれからのこの馬。2000mが良いかどうかはわからないが、東京コースは昨年のJCを見る限り悪くない。長いところを使っているからか33秒台の上がりが一度もないが、京都大賞典で見せた切れ味が再度出せるのであれば、抜け出したウオッカに強襲をかけることも出来そうだ。
(相手本線)

▲シンゲン
 この馬はどちらかといえばサウスポー。前走は明らかな右利きのゴッホとジャーニーに負けたが、やや長めの2200mかつ、G1馬2頭の条件で戦ってこの成績ならG1の底力はついたといっていいだろう。左回り東京コースでならこれら2頭の上に来る。後は着をどこまで伸ばせるかだ。
(紐中心)

△カンパニー
 昨年の天皇賞といい、前走の毎日王冠といい、不振から色々な作戦を試し、一時期なりを潜めていた若い頃の豪脚が戻ってきている。展開の助けが必要となるが、過去G1では不運続きのこの馬にG1を取らせてあげられるとしたら、この舞台しか残っていないようにも思える。
(頭も)

注スクリーンヒーロー
 正直この馬の出番は次走JCだろう。ただ、東京がいいのはわかっているし、今回はブリンカーをつけてきた。昨年のJCがフロックでない証拠にその後のG1でもそれなりに走っている。ブリンカーで変貌があるならば注意して然るべき。
(一変注意)

そういえば、JRAVANの鉄人
馬券イベントが今週から開催^^
毎年参加してるんだけど
初回が一番成績良かったなあ・・・
今回こそは入賞したい^^


クリックご協力お願いします^^

にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング 
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/01(日) 17:00 | | #[ 編集]
あら^^
おめでとうござい・・・って片方間違いですかwww
ブログいってみたけどコメントは出来ないみたいなので、ここでお返事します^^

うちは見ての通り・・・
5頭そのままきて全部着がちがうwww
2009/11/02(月) 01:04 | URL | 柳恭一 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。