競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅢ 武蔵野S
総評:堅軸
展開:淀みなく流れ、最後は地力勝負

◎サクセスブロッケン
 JBCCは賞金不足から除外。南部杯も使っており前哨戦とはいえ仕上がっている。今回はいつになくメンバーが揃ったが、馬券圏内は最低ラインと見なければならない馬。
(連軸)

○トランセンド
 前走は終いに甘さを残して敗れてしまったが、ポテンシャルは高い。今回はある程度前々で競馬が出来なければ話にならなそうであるので、前走メンバーが上がっても前にいけた点を買いたい。ただ、一工夫がないようなら沈むことも考慮。
(紐本線)

▲マチカネニホンバレ
 前々走であれだけ崩れていながら立て直してきた。こういった馬は最近ではなかなか見なかったタイプで、秋口にかけて連勝から重賞を制する馬が多いが、一敗地にまみれるとなかなか立て直せない。その点この馬は精神的にもタフなのだろう。ここでも物怖じせず狙って良い。
(頭も)

△テスタマッタ
 前が崩れるようなら出番があるといった程度。近年JDD勝ち馬は2タイプに分かれる。サクセスブロッケンやカネヒキリのように圧倒的支持に応え、その後も活躍するタイプと、伏兵として勝利してその後さっぱりなタイプ。どうもこの馬は後者に見える。カフェオリンポスのようなイメージ。ここは試金石としてみたい。
(前崩れで台頭)

注ラヴェリータ
 この馬は正直計りかねるところだが、古馬混合指定交流で圧勝、関東オークスで任した馬の活躍等からこの馬自信準OP以上の力はあるように思える。ダートに得意意識があるのなら、ダートで惨敗するまでは見限れない一頭。
(紐で)

クリックご協力お願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。