競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ エリザベス女王杯
総評:一波乱
展開:消耗戦

◎カワカミプリンセス
 今回はやや展開が流動的。プリキュアも乗り代わりで確実に逃げそうな馬が少ない。また有力馬に後方からという馬が多く、楽走の逃げ先行となりかねない中、実質逃げに近い形で先行しそうなこの馬が力を出し切りそう。
(本命)

○ムードインディゴ
 明らかに好調で厳しい展開にも対応できる。今回は中段待機からブエナより先に動くと考えられる。スムーズに競馬できれば勝ちきるまである。
(対抗)

▲ブエナビスタ
 秋華賞では内回りでは厳しいとレッドディザイアの下に置いたが今回は外回り。気になるのは展開面だけで、今までどおりの後ろから直線向いてのスパートでは間に合わない。かといって札幌や内回りで見せたコーナーからのスパートはやや甘くなる。古馬の厳しいレースへの対応が鍵となる。
(頭も)

△リトルアマポーラ
 叩いて上向きの今回はねらい目。ただ、スムーズに運べればと留保がつくのは相変わらず。同じようなレースをする馬が多いので、ポジション取りが鍵になる。騎手の手腕に期待。
(紐中心)

注テイエムプリキュア
 今回一番読めない馬で、荻野のように逃げるのか、熊沢に戻って昔のレースに戻るのか。この馬が展開のキーマン。今回は条件が整っているので、逃げるのなら要注意。
(一応注意)

クリックご協力お願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。