競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぱたりと勝ち星止まりました柳です^^
勝てそうな馬が不利枠とか~
ダメかな~って馬が2着とか~
いけると思った馬が不可解な凡走(前走比で1秒遅い)とか~

なんかユーサPO以降さっぱりな事態が続いております・・・

さて、原因は大体わかっています^^
調教が甘いんですよwww
今期は回転率を重視してるため
甘めの調子での出走や
場合によっては疲労残しもあるわけです
結果として勝ちきれなさや
不可解な凡走として跳ね返ってきてますね

ですが
線引きは必要なので
そうなるかもという予想の元で今回はそうやってます
そこで大体見えてきたのは
甘めの調教で結果を出すタイプと結果が出ないタイプの2種類がいます
メイチ仕上げはどんな馬でもほぼ結果(力通り走る)を出すので重賞などではそうするのですが
毎度毎度そういうわけにもいきません

なので重要なのは
甘めの調教でも結果を出すタイプを見極めること
具体的には上がり85%~下がり90%くらいでタイム差がほとんどないタイプです
100%だと上限タイムが出やすいというのは以前に書いた通りなのですが
その前後でもメイチ下限くらい出るというのが使える条件です
上述のように1秒近く遅くなるというのはどこかに欠陥があるということ

今のところ能力を出し切りやすい馬というのは

・骨太・ウルトラタフがついている(どちらかでも可能性的に有)
・気性が良い
・体力が高い(出来ればSS)
・内部疲労が消えている

こんなところです^^
上三つは
まあ先天的な物なのでどうこうするのは難しいですが
4つ目です

3連戦すれば3戦目は内部疲労がかなりあります
500万条件とかならたいしたことないですが
G1とかになると連戦すら厳しいといわざるをえません
ここで不可解な凡走というのは発生しやすいですね

多くの場合2連戦程度ですから
放牧明けに消えてればいいことになります
実際勝率で見ると3連戦より2連戦の方がうちの厩舎では高いので

「2連戦+併せ一杯でどの程度まで内部疲労が溜まるか」

これを感覚的に身につければ対処しやすいことになります
もちろん2連戦の疲労はクラスで変わりますよ
場合によってはフルーツもという選択となりますが
やっぱり重賞狙うならナイチンゲールくらいはいた方が良いという結論になります

ちなみに・・・
G1使って併せ一杯放牧した場合
ナイチンなしだと内部疲労全快しないと思っています
体力とアビによりますが

では今日はこの辺で


クリックご協力お願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬伝説Liveランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。