競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅢ 愛知杯
総評:中波乱
展開:平均ペース

◎マイネレーツェル
 本質的に中京芝2000mは厳しいコースでかなりの地力を要する。その為か牝馬限定のこのレースは前崩れとなりやすく、決め手のある馬が台頭しやすい。かといって直線が長いわけではないので、コーナーから脚を使える器用さも併せて必要となり、その点この馬には面白さがある。
(期待)

○メイショウベルーガ
 前走は特に秀逸。歴史に残る大逃げとなったエリザベス女王杯だが、後方の馬で前に迫ったのはブエナビスタだけ。そこから離されてシャラナヤの半馬身差にきた当馬だが、4コーナーでポジションを下げていながら直線だけで詰めた点に注目。今の充実度なら十分すぎるほど勝負になる。
(複勝圏)

▲ヒカルアマランサス
 近年3歳のクラシック参戦組が人気で結果を出しそれなりに堅めに収まるのだが、今年はややメンバーが低調。例年ならブロードストリートクラスが参戦していた点を見れば明らか。だが、この馬に対する斤量面での優遇は大きく、近走安定かつ前々での結果。牝馬にとって厳しい条件とあらばここは軽量の先行馬が面白い。
(単穴)

△セラフィックロンプ
 そろそろ忘れられた頃か、近走は下から数えた方が早い人気で走っている。にもかかわらずタイム差はそれほど大きくなく、メンバーによってはいつでも台頭できるパフォーマンスを見せている。やや崩れた馬が多い今回は期待を持ってもいいかもしれない。
(紐)

注レインダンス
 前走はエリザベス女王杯で後ろに構えまくって出た。休養明けにも関わらず、いわゆる死に役を買って出た形で、着順・着差通りに取るわけにはいかない。むしろ他の馬に先駆けて動けた点の注目し、ある程度馬自身が走る気になってきたと捉えるほうが自然で、元の力を考えればあっさりがあっても不思議ではない。
(一発注意)

次点:アルコセニョーラ

杓子定規馬券^^
三連複:9‐2‐1.5.11.15
    15‐1.2.5.9.11

参考になったらクリックお願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。