競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ 有馬記念
総評:3着荒れ注意
展開:差し競馬・追い込み競馬

◎ドリームジャーニー
 春秋グランプリ制覇へ。昨年はダイワスカーレットの一人舞台となったが、あのペースで逃げて残っては仕方ない。今年も逃げ馬がハッキリしているおかげで展開が読みやすい。ある程度引き離して前に行きたいプリキュアと、前に馬がいては追っかけるリーチザクラウン、馬群先頭にはコスモバルクとミヤビランベリ。おそらくエリザベス女王杯と似たような見た目になると思われるが、さすがに2ヶ月以内で2度もG1であんなことになるのは騎手心理的にありえないので、コスモバルクやミヤビランベリが死に役なっておっかけることになりそう。中段グループより後ろの馬に勝機が訪れる展開になるだろう。ただ、中山のトリッキーさが一つの鍵となり、右回り・距離・急坂・直線前スパートの条件を全て満たせる馬が勝ちきると見ると、この馬が浮上する。
(本命)

○マツリダゴッホ
 この馬とジャーニーはいかにも有馬狙いというローテで好感が持てる。そして中山適性は折り紙付きだ。昨年はハイペース気味にも関わらずまくって出たため沈むというミスリードをおこしたが、中段前目から先導者についていけば引退の花道は用意されているかもしれない。
(頭も)

▲セイウンワンダー
 出走の多い今期3歳世代の中でも、抜群の安定感を誇るのがこの馬。馬券圏外になった二走とも敗戦理由がハッキリしており、中山実績も上々だ。展開が向きそうというなら3歳の中ではいの一番に挙げられる。
(紐軸)

△ブエナビスタ
 強いのはわかるが不器用なのもわかる。日本一トリッキーな中山コースで内枠とはスムーズなレースはありえないといっているようなもの。警戒すべきは乗り代わりによるレーススタイルの変化くらいか。横山ジョッキーは結構大胆な乗り方をすることもあり、極端なことをしてくるかもしれない。
(紐)

注エアシェイディ
 秋はめい一杯の競馬をしているが、やはり中山で差し競馬になった時のこの馬の破壊力は警戒に値する。他で気になるのは同様の理由でマイネルキッツと、上がり目に期待してフォゲッタブルといったところ。買わないけど見極めたいのがアンライバルド。
(一発注意)

次点:マイネルキッツ

杓子定規馬券^^
三連複:9-7-2.4.6.14
    6-2.4.7.9.14

参考になったらクリックお願いします^^

にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。