競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GⅠ 天皇賞(春)
総評:堅軸
展開:流動的(まともならスロー、大逃げ企むのがいれば?)

◎フォゲッタブル
 まずもって逆らえない。長距離には絶対の自信があり、中心に据えない理由も見つからない。メンバー的にもかなりの低調で、このようなレースでは実力馬がさらりと力を発揮して、残り1ハロンではかなり馬群がバラけている可能性がある。セントライト記念から有馬記念を除いて買っているので、このまま応援することにする。
(中心)

○ジャガーメイル
 何とつまらない予想とも思えるが、可能性を最重要視して予想しているためしょうがない。オーストラリアのウィリアムズを呼んだのは、秋にメルボルンCを使う布石か。前走はドバイで好勝負を演じたブエナビスタを追い詰めており、ここではメンバー的にも3着以内は外せない。
(対抗)

▲マイネルキッツ
 騎手から判断するに長距離の成績で見ると松岡は上位で、横山と武がいない以上外すわけにはいかない。昨年の天皇賞を勝っていることからも紐としては押さえておきたい一頭。ただ、日経賞はわかりやすいレースだったのだが、メンバー的に少し薄かったので今回は2,3着までという比較になる。
(複勝圏なら)

△メイショウベルーガ
 今回の天皇賞のレースイメージとしては、オウケンブルースリーの勝った菊花賞。2着にフローテーションが飛び込み大荒れとなったが、その役目をやれそうな馬はこの牝馬。坂のきつい阪神では末脚がややにぶるが、京都では他馬を圧倒する鬼脚を見せる。フォゲッタブルをマークして他馬を射抜くか。
(連も)

注トーセンクラウン
 スタミナ勝負に持ち込まれた場合要注意となるのはこの馬。長距離実績はないものの、期待できるレベルでこれほどまでに欧州長距離血統がこの舞台に立つのは久々という馬に見える。テイエムオペラオーの強さをもう一度といったところで、オペラハウスの破壊力は不良馬場と長距離で発揮される。また、この程度のGⅡレベルなメンバーならトウカイトリックが絡む可能性はあるかもしれない。
(一発注意)

次点:エアジパング


参考になったらクリックお願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング
杓子定規馬券^^
三連複:3-12-2.8.14.16
    8-2.3.12.14.16
       

2010 杓子定規馬券成績

投資:79500円
回収:28840円


どこで爆発するか・・・
すり抜けっぷりが笑うwww
賭け金増大期間(JRA重賞多数)突入

たま~に隠れ予想要素あり(笑)探してみてね^^

・◎○▲と◎○注は200円で計算
・買い目は3連複
・地方は600円
・中央は1500円
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。