競馬重賞予想、WIN5予想、競馬伝説日記に政治経済など好き放題書きます^^

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に攻略系のお話でもしようかと思います^^

1.はじめに

ゲームを始めてからGⅠに勝てるようになるまで
どういったヴィジョンを持ってはじめられたのでしょうか?
オンラインゲームをやったことがない人であれば
ウィニングポストのように初めの馬で重賞やGⅠが簡単に取れるとイメージしていたのかもしれません
そしてゲーム進行が非常に遅いことでもイメージと違って
開始早々やめる人の9割はそんなところからきているのではと思うほどです
ですが、そんな理由でやめるのは完全にゲームの性質を勘違いしているだけなので
止めもしませんし
しょうがないとすらおもっています^^

ただ真面目にプレイしていて
どうしてもOPが勝てない・重賞がが勝てない・G1が勝てないという人のために
少しだけ書いてみようかと思います
少しでも参考になれば幸いです^^

個別のことはあえてここには書きませんので
競馬伝説攻略記事集」でもご覧ください^^

2.オープン狙い

はじめに言っていおくと
オープンに勝つのはそれほど難しいことではありません
ただ、ひとつ齟齬があるとすれば
難しくないと時間がかからないはイコールではないことです

ズブの素人がオープンレースを勝つまでの適齢期は
プレミア会員で真面目にプレイして5シーズン(実時間で260日)くらいだと考えています
無料会員だと7シーズン(実時間でおよそ1年)といったところでしょうか
通産勝利数でいえば40勝~100勝くらいで勝てる人が多いように思います
中にはリアルマネーを注ぎこんで2シーズンくらいで勝っちゃう人もいますが
プレイスタイルは人それぞれです^^

さて、オープンに勝つためには何をすべきでしょうか?
繁殖牝馬をそろえる?騎手の育成に努める?ゲーム内アイテムを集める?
どれも大切なことですが、これらは結果的にそうなるというだけでやることの本質ではありません
オープンに勝つ前に勝つためにやることは
ゲームの仕様を正確に把握すること」これが最も大事です
・補正の種類と数や効果
・騎手能力の影響度
・アビリティや個性の把握と有効な使用方法
・馬能力把握の方法
・馬の能力を出し切るための調教法
これだけではありませんがこういったものをすべてできれば
何も怪物馬が産まれるのを待たなくてもオープンレースに勝てます

そしてレース選びの勘を養ってください
相手を選ぶことも重要です
・強い馬主の把握
・その世代最強クラスの馬の把握
・手薄になりやすいレースの条件とは
などなど、探せば色々な盲点が見つかります^^

そういったことができるようになった時
自然とオープンレースに勝てているものです

そしてここでそういった作業をしたことが
重賞やG1と進む時に生きてきます

3.重賞に勝とう

重賞レースはオープンレースと違って相手を選ぶことが非常に難しいレースになります
とはいっても手薄になりやすいレースがまだある時点でGⅠよりも楽であるといえます
ただ、多くの重賞レースではオープンレースを勝つために必要な最低タイムより
0.5ほど速いことが必要になってきます
例えば大井サーバーの芝のマイル戦の例をとってみましょう
古馬オープンレースの勝ちタイムは1:31.6くらいが下限です
重賞レースになるとこれが1:31.3~1:31.4が下限となります
ただ、多くの場合は1:31.2が必要とされるので
オープンレースと比べ非常にハイレベルになっているといえます

ということで重賞レースに勝つためには
馬の能力を出し切ってあげる」のが最重要となります
このためには2であげたような仕様を完全に理解していることが求められます
馬の能力を出し切るとは
その馬が出せる最速のタイム領域で
上限タイムの出現率を上げることです

実際のところこれが上限だと思っていたタイムから
0.1~0.2くらい伸びたところが本当の上限タイムだったりします
良紛れならさらに0.2くらい伸びます(正確には0.17~0.18くらいだと思うけど)
この領域に足を踏み入れることができなければ手薄な重賞しか勝てません
よって
調子も疲労も体重も内部疲労も使いべりも
これ以上ない完璧な状態で出走させる手腕を身につけることで
重賞も自然と勝てるようになります

4.GⅠという運の世界

GⅠレースは怪物にアビで厚化粧した無慈悲な世界です
しかもレースが少ないため
GⅠに勝とうというなら避けることが難しいのが特徴となります
比較的勝ちやすいのは春の3歳海外GⅠでしょう
そこならばある程度の能力を持っていれば勝ち負けできる可能性があります
ですが、そんなところの話をしてもしょうがないので
ここでは無慈悲の世界を戦うためにやっておきたいことを書いておきます

3までに書いたことがすべてできていることが大前提です
怪物に厚化粧(オールSSにアビ2個性分とか)した馬でも持っていない限り
できていなければG1では掲示板すら苦しいでしょう
だけれども
その上にやることはほとんどありません
GⅠを勝つためにはローテや2歳入厩時からの調教方法等も重要なのですが
結局のところ3までできていれば
このあたりは当たり前のことになっています
プラスしてできることと言えば
生産段階での個性調整や距離幅調整などが挙げられます
もちろん正確に遺伝するわけではないので難しいのですが
勝率をわずかにでもあげたければ
自分の目標とするレースに合わせて生産段階から考えてみるのも一つの手です

GⅠはどうせ超怪物がいなければ運です
みんな最善を尽くしてくるので
能力さえ出し切ってあげれば後は
枠やメンバー構成によるペース
そして紛れにかかっています
上限の出現率が低いまま挑むと大体下限で帰ってきます

やることやり尽くして後は運に任せる
これがGⅠです!!
勝てないからとふてくされて
ドンドンやることやらなくなるとますます勝てなくなります
ある意味忍耐ゲームなのかもしれませんね^^
本気でプレイするなら片手間で日課にしちゃうのがいいかも?w

では
珍しく長文失礼しました~^^
まあ・・・私も人に言うほどG1勝ってないしねw
GⅠハンターの皆さんはどう思っているのかな?w

クリックご協力お願いします^^
にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬伝説Liveランキング
コメント
この記事へのコメント
うちの予定では来SにOP取って柳さんとの賭けに勝ちたいと思いますが期待馬が全部ダートという・・・騎手育ってない(笑)
これからもご指導よろです
2010/05/18(火) 12:37 | URL | あららきさん #-[ 編集]
お久しぶりですm(_ _)m
報告が遅くなりましたが、海外G1を獲る事ができましたo(^-^)o

やはり私は最後には『運』頼みでした…(笑)

これからも柳さんのブログを参考書にして精進しますo(^-^)o
2010/05/18(火) 17:55 | URL | 佐々沼 #-[ 編集]
あららきさん

あ~賭け忘れてたWWW
え~っとクラシックだっけ?W

うちは望み薄かな?
出す馬いるけど手応えないっす(-.-;)


佐々沼さん

ぉ~
おめでとうございます!
OP目指していた時期が懐かしいですね
もう佐々沼さんもプレイ歴1年半くらいですよね?
2010/05/18(火) 18:05 | URL | 柳 #-[ 編集]
蓋を開けたら超怪物でしたw
デビュー前はこれで1つもGⅠ勝てなかったらもうアカンと言う気持ちでしたが・・・
強くてよかった~w
さてさて
明日の為にタイムを計りましたがこれで負けたら仕方が無いと言う状態にしました。
現役でいる限り負ける可能性はありますが・・・がんばるぞ^^
芝のタイムの件ですが・・・
なんとなく・・・
芝蹄鉄が発動していない???
芝、裸足、ノーマル、ダートで確認しましたがタイム差がありませんでした。。。
まあ元々芝Dなんで靴履いたら走れるようになるのはリアリティに欠けますが一応有料アイテムなんだけれどなぁ~w
2010/05/18(火) 21:33 | URL | あらびあん #-[ 編集]
そこまで仕上げたんですねえw
それじゃうちに勝ち目はないかな^^
不利枠と鉄砲補正に期待するしか勝ち目がないですね~(笑)
なんか頭数少なそうだけどwwww
うちは結果的にコンキスタと同じくらいになりました・・・
もちっと速くなると思ったのに!
明日化けてること祈ります
2010/05/18(火) 22:04 | URL | 柳 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
取引手数料無料“セントラル短資FX”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。